大曲 花火 ツアー 2015 詳細と宿泊先は?交通渋滞は?


037毎年、6万人の小さな街に60~80万人の観覧客を動員する花火大会があります。

それが大曲花火大会です!

今回で89回目にあたり、正式には全国花火競技大会「大曲の花火」と呼ばれています。

文字通り、日本全国の一流の花火師達が、日本一の座をかけて勝負を挑みます。

本日は、そんな大曲花火大会2015年度の日程、詳細、見どころなどを交えて紹介します。

スポンサーリンク





 大曲花火の日程・詳細は?

2015年度も、例年通り8月の第4土曜日、8月22日に開催されます。

昼花火 17:30~
夜花火 18:50~

会場:秋田県大仙市雄物川河畔大曲橋下流

打ち上げ総数:18,000発


この大曲の花火は、一般の花火大会と違い、
全国から花火職人が集結する花火競技大会です。

そういった意味で、まさしく日本最高峰といえますね♫

ただ、初頭にも記載しましたが、
観覧客動員数が半端ではありません。

そういった意味でも日本一でしょう!!

なので、宿泊施設もとれないばかりか
交通渋滞もかなり覚悟しなければなりません。

会場付近も長蛇の列になりますので、
そのストレスからマナーの悪い観覧客も多いようです。


 大曲花火の見どころは?

そこまでして観たい大曲の花火とは
どんな魅力があるのでしょうか?

まずは以下の動画をご覧下さい。

花火と音楽のコラボが素晴らしく、
観るものに感動を与えてくれます。

芸術、アートと呼ぶのにふさわしい出来です。

オープニングはこんな感じです。

ナイアガラから始まっています。

そして、この「beleve」もとても人気があります。

こんな美しい花火が観れるのは大曲だけですよね~!

世界一美しいといっても過言じゃないでしょう!!


 大曲花火のチケットは?

河原から無料でも観覧できますが、
ここはお金を払っていい席を確保したいところです。

チケット情報は以下になります。

<桟敷料金>
A席(定員6名)23,000円
C席(定員5名)15,000円
P席(ペア席2名)8,000円

販売方法はこの3種類です。

①大曲市民会館で直接販売(抽選)
0387月5日 午前8:00までに来場
抽選後に当選者のみ会館で購入
1人3マスまで

②電話受付(抽選)
6月12日~15日23時まで
電話受付専用番号:0570-084-795(音声ガイダンスによる申込)
1家族1枚のみ2マス(イス席は最大4席)まで

③インターネット受付(抽選)

予約受付6月12日正午~15日23:00まで
抽選発表6月19日
1家族1回のみ2マスまで

詳しくはオフィシャルサイトをご覧下さい。
http://www.oomagari-hanabi.com/ticket.html



 会場へのアクセスは?

初めて参加されるかたはツアーがいいと思います。

各ツアー会社からチケット付きで申し込みが出来ます。

また、毎年かなりの交通渋滞がありますので、
車よりは電車のほうがいいかと思います。

会場へのアクセスはこちらを参考にして下さい。
http://www.oomagari-hanabi.com/access.html



尚、車でご来場の方は
当日午前9:00には花火会場付近に交通規制が入るので、
遅くても午前中の早い時間に現地入り
したほうが良さそうです。

039でないと、渋滞に巻き込まれますし、何より駐車場の確保が難しくなります。

駐車場は、前もって調べておくと確保が楽です。

料金相場は1日だいたい3000円くらいです。

また、帰りは23:00まで交通規制が入るので、
車は動けないと考えたほうが懸命です。


スポンサーリンク




 花火大会の宿泊先は?

大曲市内は宿泊先の確保が100%無理と言われています。
花火師とか大会関係者の宿泊を優先するからです。

なので、その近辺で探さないといけないのですが、
時期が遅くなると近辺でも見つかりません。

近隣には角館、横手、秋田市があります。



 大曲花火大会の注意点は?

とにかく、昼は暑くて、夜は冷えるので、
体調管理に気をつけることです。


昼間は熱射病になるくらい暑いのに、
夜は肌寒くなるくらい冷えるので、
必ず長袖の服か何か羽織るものを持参して下さい。

肝心の花火を観るまでもなく
救急車で運ばれる方も多数いるとのことです。

せっかく行くのですから、
そうならないように注意して下さいね^^

最後に・・・

全国花火競技大会「大曲の花火」は
その素晴らしさからDVD、ブルーレイになって発売されています。

これで勉強してから観に行くと
より理解が深まるかもです。。。

では、本日は以上です。
ありがとうございました!!

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す