爪割れの原因は栄養不足?対策は?


a0007_002054ジェルネイルをしていると、爪が欠けてきたり、爪割れしてきた経験はありませんか?

本日は、そんな爪割れの原因と対策について徹底的にリサーチしてみました。

なぜ、あなたの爪は割れやすいのでしょうか?

ここを理解することで、割れにくい爪に変身していけるのだと思います。

では、早速いってみましょう!!

スポンサーリンク




 爪が割れる要因は?

悲しいかな、爪が割れてくると、
時間とともに割れが大きくなり、
爪先全体がちぎれたり、
酷くなると傷が出来て腫れたりします。

そんな爪が割れる原因、
もしくは割れやすい体質には
以下のようなものがあります。

<原因>
・栄養不足
・除光液
・食器洗い
・スカルプ

<体質>
・皮膚が乾燥しやすい人
・貧血気味の人

これは短期的要因の<原因>と、
長期的要因の<体質>に分けていますが・・・

ただ、これだけだとよく分かりません。。。

なので一つ一つ見ていくことにします。

 爪割れの原因は栄養不足?

まず栄養不足ですが、
基本的に爪はタンパク質で出来ています。

そのタンパク質の中でも
特にケラチンとゼラチンが重要です。


ケラチンは爪を構成している主成分ですし、
ゼラチンも爪を強くするためには大切な栄養素です。

つまり、爪が割れやすいというのは、
このケラチンとゼラチンが不足していることが考えられます。
a1180_001185
でも、何処をどう見れば
栄養不足なのだと分かるのでしょうか?

それは・・・

爪を見ることです。

爪は肌が角質化したものなので、
体の健康状態が著明に現れます。

栄養不足の場合は、爪の表面がデコボコしていたり、
縦のスジが出来たりします。



Sponsored Link




 原因が栄養不足の場合の対策は?

実はケラチンは、タンパク質食品を摂ることで
体内でアミノ酸に分解され、
再びケラチンなどのタンパク質に再合成されます。

なので、必須アミノ酸がバランスよく含まれている
食品をとるといいでしょう。

例えば、あじ・あなご・大豆・鶏肉・豚肉などです。


また、一緒に摂ったほうがいい栄養素としては、
亜鉛・鉄・ビタミンB6があります。

これらはケラチンへの合成を促してくれます。

食品でいうと、牡蠣・レバー・ほうれん草・バナナ
・マグロなどです。

では、ゼラチンはどうでしょうか?

ゼラチンの主成分はコラーゲンです。


このコラーゲンが糊の役割を果たして
細胞と細胞を繋げるのですが、
このコラーゲンを強くしている物質が
ケイ素です。

なので、コラーゲンとケイ素と摂るといいです。

コラーゲン自体は粉で売っているので
単体で摂取することが可能ですが、

ケイ素を多く含んでいる食品は、玄米・ホタテ・
豆類・レバー・ほうれん草等です。



 本日のまとめ

今回は爪割れの原因の一つである
栄養不足について記載しました。

ポイントは、ケラチン+亜鉛・鉄・ビタミンB6、
ゼラチン(コラーゲン)+ケイ素でした。

ですが、上記に記載した要因はまだまだあるので
続きは次回以降にしたいと思います。

本日は以上です。
ありがとうございました!!

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

1件のコメント

  • 桜の小枝

    はじめまして!
    記事を拝見させていただきました。

    私も爪や手に関するブログを書いているので、参考にさせていただきます!!

コメントを残す