爪割れの修復法!超簡単な方法を動画で解説!


a1290_000023爪割れの原因、防止対策は分かった!

じゃあ、次にやることは割れた爪の補修作業ですよね~♫

本日は動画を使い、爪割れの修復法を分かりやすく説明していきます。

誰でも簡単に出来る方法を選んでいるので、ぜひぜひチャレンジしてみて下さい!

では、いってみましょう!!

スポンサーリンク





 爪割れの修復法とは?

修復法と言っても、
プロが行うような本格的な方法から、
身近なものを利用した私達にも出来る簡単な方法まで
いろいろとあります。


その中から、
自分一人でも出来る最も簡単であろう方法
チョイスしてきました。

まず、準備するものですが、
以下のものが必要です。

<準備>
・ネイルグルー(接着剤)
・ネイルパウダー(補修パウダー)
・ファイル(爪やすり)

ちなみに動画では
「ORLY ラスティングネイルリペア」
使っているようです(ネイルグレーだけ100均で購入)。

そしてやり方ですが、以下の動画をご覧下さい。

<手順>

①割れた爪のマニキュア、汚れ等を拭き落とします。
丁寧にソフトに行なって下さい。

②爪の割れている部分に、
ネイルグレーを均等になるよう塗って下さい。
甘皮にグレーが付かないよう気をつけて下さいね。

③グレーが乾かないうちに、爪をパウダーの中に入れます。
パウダーは均等に付くようまぶします。

④余分なパウダーを取り除きます。

⑤爪が完全に乾燥するまで待ちます。
すぐに乾きます。

⑥ファイルで爪の表面が滑らかになるよう磨きます。

⑦ベースコートを塗って完成です。


スポンサーリンク




 更に強度を強くする方法とは?

一応これで完成ですが、
爪が伸びてくるまでに劣化によりグルーが
取れやすくなります。

なので、その都度リペアし直す必要があるのですが、
もし、それが面倒なのであれば、
最初から強度の強い爪に修復しておく必要があります。


その方法ですが、
上記の②~⑥までを何度か繰り返してみて下さい。

これだけで、爪の修復強度は変わってきます^^

また、全く別の方法として
爪割れの部分にグレーを塗った後、
その上からあぶらとり紙を貼り付け、
乾いたらファイルで表面を削るという荒業もあります。

状況によって使い分ければいいと思います。

そして完成したらお好みのマニキュアを
塗って頂ければいいのですが、
爪に栄養を与え、爪を強くするためのマニキュアもあるので
それらを使用するのも1つの手です。

例えば、OPIの「ストレンスナー」などです。

30%OFF!!OPI ストレンスナー

30%OFF!!OPI ストレンスナー
価格:1,512円(税込、送料別)

透明なので毎日使えますし、
ベースコートとしても使用可能です。


 爪割れが深刻でない場合には?

これまでは、爪が割れて、
放っておいたら爪がめくれてしまう時の
対処法と言う感じの方法でした。

でも、まだそこまで深刻でない状況の時もあります。

そのような時は、
キューティクルオイルを爪の根元から塗って、
マッサージをしてあげるだけで全然違います。

別に亀裂が消えて無くなるわけではないのですが、
オイルとマッサージで爪に強度が出来てくるので、
亀裂が広がるということはありません。

そして、万が一引っ掛けてしまったりして
爪割れがひどくなってしまった場合は
上記の修復方法でリペアしてあげればいいのです。

簡単なので、ぜひ、
ご自分でも爪割れを修復する方法を習得して下さい^^
では、これで爪割れの修復法は以上になります。
ありがとうございました!!

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す