長寿遺伝子のスイッチをオンにする方法とは?超簡単で効果的!


a0011_000009長寿遺伝子(ちょうじゅいでんし)なるものをご存知でしょうか?

長寿の人には共通して、この遺伝子が働いていることが分かっています。

でも、長寿遺伝子は誰にでもあります。

この長寿遺伝子をオンにする方法を知っているかどうか?

刺激する方法を知っているかどうか?で、あなたの老化のスピードは変わってくるのです。

本日は、そんな長寿遺伝子について記載していきます。

スポンサーリンク



 長寿遺伝子とは?

長寿遺伝子とは、
人間の老化・長寿に関わっている酵素です。

特に2003年に、マサチューセッツ工科大学の
レオナルド・ガレンテ教授によって発見された
「sir2(サーツー)」と呼ばれる遺伝子が、
酵母の寿命をコントロールしていることが分かりました。

この発見によって、
人間の老化の関する研究が一気に進化したわけですが、
その老化の原因の75%は生活習慣と環境であり、
そこに深く長寿遺伝子が関わっていると考えられます。

他にもsirt1~7までの7種類の遺伝子があり、
その中の「sirt6」は皮膚の老化現象である「しわ」、
または背中が曲がるなど、見た目の老化と深い関わりあいが
あることも分かっています。


この長寿遺伝子ですが、
普段は細胞の中で眠り働いていないのですが、
一度活性化のスイッチが入ると
長寿遺伝子としての役割を行うようになります。

では、どうすればそのスイッチが入るのでしょうか?

 長寿遺伝子をオンにする方法とは?

率直に言うと、3種類あります。

①適度の運動
②カロリー制限
③レスベラトロールの摂取

まず①の適度の運動ですが、
よく言われているのが
ウォーキング以上ジョギング以下です。

つまり少し汗ばむくらいの運動が効果が
あるということですね。

そして②のカロリー制限ですが、
以下の動画をご覧下さい。

動画でも言っているとおり
本当は「断食」が最も効果があるのですが、
「断食」は専門家の監修のもと行ったほうが安全なので
ここでは「カロリー制限」をオススメします。


目安は腹七分目です。

カロリー制限を計画的に行うことで
長寿遺伝子のスイッチがオンになります。

 レスベラトロールとは?

最後に③のレスベラトロールの摂取ですが、
レスベラトロールとはブドウに含まれる
ポリフェノールの一種です。

実は、フランス人が世界有数の長寿国である理由が
このレスベラトロールの存在です。

彼らが飲む赤ワインに
このレスベラトロールが含まれているのですが、
それをハーバード大学の研究チームが検証しています。

この研究チームが、
レスベラトロールが酵母の寿命遺伝子sir2(サーツー)に
直接関わり、活性化させていることを突き止めたのです。

そして、試験管内での実験を行うことで、
酵母菌の寿命を70%伸ばすことに成功しました。

また、マウスでの実験も成功させ、
カロリー制限をしていない高カロリー状態のマウスに
レスベラトロールを投与し寿命が伸びたと発表しています。

つまり、レスベラトロールがsir2遺伝子に直接作用し、
辛いカロリー制限をしなくても
寿命が伸びることを証明したのです。

 長寿遺伝子を超簡単に刺激する方法とは?

上記の3種類以外にも、まだありました。

それは某TV番組で行った実験なのですが、
一卵性双生児の双子を使ってあることを試しました。

それは、ウォーキングと(ご飯を)よく噛む行為と
どちらが長寿遺伝子により刺激を与えるのか
といったものです。

1人には1日30分毎日ウォーキングをさせ、
もう1人には食事一口ごとに30回噛むと言うものです。

共に1週間やって頂きました。

結果、運動より、よく噛む行為のほうが
長寿遺伝子が刺激を受けたのです。

これは噛む時に、その刺激が脳へ伝わる
からだと専門家は仰っていました。

と言うことは、噛む行為を日常で多くすればいいのです。

しかし、食事にそんなに時間は使えません。

現代人は何やかんやで忙しいからです。


そこで当ブログが考えたのが「ガム」です。

ガムはいつでも噛めるし、
お金もほとんどかかりません。

しかも、その割には効果は絶大です。
噛もうと思えば何時間でも噛めます^^

以上から、無理せず、最も簡単に
長寿遺伝子をオンにしようと思えば、
「毎日ガムを噛んでレスベラトロールを摂取する」
これに尽きると思います。

これで、自分の老化にブレーキをかけましょう!!

では本日は以上です。

ありがとうございました!!

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す