吠える犬のしつけ方とは?無駄吠え矯正は超簡単!


a1470_000018さてさて~ペット可のマンション等でもトラブル原因の上位になっているのが、ペットの鳴き声・騒音であることは前回の記事で記載しました。


なので今回は、ズバリ!!「吠える犬のしつけ」というテーマでお送りします。

実際調べてみると、しつけが出来ていない飼い主がとても多いようです。

そんな「しつけ方」について、動画付きで解説します。

では、早速いってみましょう!!

スポンサーリンク





 そもそも躾(しつけ)とは?

一言でいうと、
ペットが人間と仲良く暮らしていくために
どうすればいいかを教えるのが「しつけ」です。

基本的に犬と人間は同じ哺乳類で
太古の昔から非常に仲が良いのですが、
動物としては全く違う生き物です。


犬はそのままだと、
遺伝子プログラムにより本能に基づいた行動を
とるため、かなりの割合で不都合が生じます。

例えば、「マーキング」とか「拾い食い」、
酷いものになると「噛み付き」「吠える」という行為です。


これを工夫(=しつけ)することで解消しなければ
人間と一緒に暮らすことは難しくなります。

ペット先進国の欧米の飼い主の多くは、
ペットを飼い始める際にしつけ教室に通ったり、
専門家のアドバイスを受けていると言います。

ですが、こと日本ではそういう飼い主はごく一部で、
たいていの方はちゃんとしたしつけが出来ていない
というのが現状なのです。



 なぜ犬は吠えるの?

しつけをしようと思っても、
犬が吠えている原因を知っていなければ
対処も出来ません。

なので、まず原因を知ることが必要になります。


以下をご覧下さい。

①欲求不満・要求
②繋ぎっぱなしによる不安
③恐怖(チャイムの音・他の犬・来客)
④縄張り意識
⑤怪我による痛み
⑥認知症などの老化
⑦他の犬の吠え声に反応


大きく分けるとこうなるのですが、
PP_wanko500-thumb-500x750-85更に大きく区分すると、

①ストレス・恐怖・不安
②本能
③自然現象

・・・になります。

ですが、
どれもしつけをすることで改善が出来ます。



 ストレス・恐怖・不安が原因のしつけ方は?

一番いいのはストレスを生む直接の原因を見つけて
ストレスを感じさせないようにすることです。


あと、恐怖・不安の場合も同じなのですが、
一概にいろんなパターンがあるので、
現実的にはしつけも必要になってきます。

以下の動画をご選ん下さい。

通常、ストレスを感じている犬には、
ストレスを減らそうと運動をさせようとします。

しかし、ボール投げのような走り回らせる
行動は厳禁なのです。



ちなみに、この動画の飼い主は、
犬の飼育環境を改善しストレスを減らした上で、
ひたすらゆっくり匂い嗅ぎ散歩をさせることで
吠えるという行動をなくしていったようです。

また、普段の日常生活でも、
犬を興奮させないよう室内ではゆっくり歩くとか
大声では話さないといったことを行われました。

では、次の動画です。

この「おやつバラ撒き作戦」は、
チャイムの音で吠える犬に対して効果的です。

<やり方>
①細かく切ったおやつを用意しておく
②誰かにドアチャイムを鳴らしてもらう
③音がしたらすぐにおやつをバラ撒く
④連続で2~3回行います
⑤これを1日の中で2~3セッション行います


これを行うと、
次第にチャイムの音に反応しなくなってきます。

動画ではおやつに麩(ふ)を与えています。


スポンサーリンク




 要求が原因のしつけ方とは?

子犬の時から甘やかされて育った犬は、
吠えれば願いが叶うと思っているので
大きく成長してからも要求吠えをします。

この場合、よく用いられるしつけ方は
「タイムアウト」です。

<やり方>
①犬が要求吠えをする状況を作る
②犬が吠えてくると無視する
③犬が吠えるのを止め大人しくなった時にご褒美を与えたり褒める
④これを繰り返す



無視する時のポイントですが、
犬の存在をすべて無視して空気のように
扱うことです。

決して情は入れないで下さい。
逆効果になってしまいます。


そしてご褒美の時に、
犬に関心を向けてあげて下さい。

それまでは心を鬼にして無視し続けることが大切です。

これで、要求吠えも次第に矯正されていきます。

どうでしたでしょうか?

header009g

本日ご紹介したのはしつけのごく一部ですが、
良いしつけ方があれば、また後日紹介いたします。

では、本日は以上です。
ありがとうございました!!

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す