パイナップルの切り方と保存方法とは?超簡単な方法をご紹介!


カットしたパイナップルパイナップルの切り方って、スッゴク簡単なのを知っていましたか?

本日は夏によく食べるフルーツとしてパイナップルの切り方を動画を交えて説明していきます。

いろんなパターンがあるので、自分にあった切り方をマスターすることで、カットしたものでなく丸々1個買ってこれるようになります。

では、いってみましょう!!

スポンサーリンク




パイナップルの切り方を覚えるメリットとは?

いろんな人がパイナップルの切り方を知らないがために最初から切り分けてあるカットフルーツを買ってきます。

でも、値札をみると、あきらかに丸々1個買ったほうがお得!!!


しかも、切り分けた状態で並んでいるフルーツは栄養素が無くなっていくのも早いのです。なら当然自分でパイナップルの切り方を
マスターした方がいいに決まってますよね^^

パイナップルって、昔から缶詰とかカットしてあるものが主流だったので、切り方を知らない人が大勢いるのです。


パイナップルの切り方その1

まずは、こちらの動画をご覧下さい。

<やり方>

  1. 頭の葉の部分を切り落とす
  2. おしりの部分を切り落とす
  3. 更に半分に切り分ける(輪切り)
  4. まな板の上に横に寝かせ、皮の近くに包丁を入れる
  5. そのままタイヤのようにパイナップルを回しくり抜く
  6. 身の周りの茶色のポツポツを削ぐ
  7. 縦に4等分して、芯の部分を切り取る
  8. 食べやすい大きさにカットして、お皿に盛って食べる

 この切り方を少しアレンジすれば
缶詰のような丸い形のパイナップルも出来ます。


パイナップルの切り方その2

こちらが一番ポピュラーな切り方です。

<やり方>

  1. 上の葉の部分を切り落とす
  2. おしりの部分を切り落とす
  3. パイナップルを立てた状態で皮を削ぎ落とす
  4. 身の周りの茶色のポツポツを取り除く
  5. 縦に4当分します
  6. 芯を切り取ります
  7. 食べやすい大きさにカットして、お皿に盛って食べます
 ポイントは4のポツポツを取り除く時です。
斜めに沿って取り除くようにすると効率的です。


パイナップルの切り方その3

家庭で行うのに一番簡単ですし、お洒落に仕上がります。

<やり方>

  1. パイナップルを皮付きのままで縦に4当分します
  2. 横にして頭とおしりの部分に切り目をいれます
  3. 芯を取り除きます
  4. 皮の近くから包丁をいれ、実と切り離します
  5. 食べやすい大きさにカットします
  6. このまま食べます
 一見、難しいようにも見えますが、
要は慣れなので数を熟すことが大事です。



スポンサーリンク



カットしたパイナップルの保存方法は?

本当はその日のうちに食べきる方がいいのですが、どうしても残ってしまう場合もあります。

そういった場合は、普通にラップして冷蔵庫で保管すればだいたい2~3日は美味しく頂けます。


また、タッパーなどの容器に入れて、砂糖をかけて冷蔵庫で保管すると1週間くらいは大丈夫なようです。ただし、砂糖をかけ過ぎると糖分の摂り過ぎになってしまうので、注意して下さいね♫

header009f


最後に、さらに楽ちんにパイナップルをカットして食べたい方は、専用のパイナップルスラーサーがオススメです。

何といい時代なんだ!

では、本日は以上です。

ありがとうございました!!

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す