ブルーベリージャムの作り方 電子レンジで超簡単!


a0006_002861市販ジャムでは味わえない美味しさを楽しむのでしたら、やはり手作りジャムです。

その中でも、ブルーベリーは特に人気が高いようです。


特にこの旬の時期に作るブルーベリージャムは格別です。

本日は、このブルーベリージャムの作り方 電子レンジ編をお送りいたします。

では、いってみましょう!!

スポンサーリンク





 ブルーベリーの栄養&効能は?

疲れ目、視力回復で知られるブルーベリーですが、
様々な栄養があるので、
その他いろんな効能が期待できます。

以下が含有される栄養素です。

・ビタミンA,B1,B2,B6,C,E
・カリウム
・カルシウム
・ナイアシン
・マグネシウム
・リン
・葉酸
・鉄
・亜鉛
・マンガン
・アントシアニン


ビタミンを中心にミネラルも豊富であることが
分かります。

そして、ブルーベリーのアントシアニンは
ポリフェノールの一種で、
特に抗酸化作用が強力であることが有名です。

ですが、まだまだ以下のような効能もあります。

眼精疲労克服、視力アップ、老化防止、感染症予防、
抗がん作用、整腸作用、大腸がん予防


ちなみにビタミンCは
調理の際に熱で失われやすいのですが、
ビタミンA,Eに関しては
熱に強いので大丈夫でしょう。


また、熱を加える事で糖が反応して
「メラノイジン」という成分が新たに生成されるのですが、
この成分にビタミン・ミネラルの吸収を促進したり、
活性酸素を除去する働きがあります。


スポンサードリンク




 超簡単!ブルーベリージャムの作り方

<準備するもの>
・冷凍ブルーベリー:200g
・砂糖(グラニュー糖):100g
・レモン汁:小さじ1
・熱湯消毒した瓶

<作り方>
1、ブルーベリーの枝をとる
2、よく洗って水を切る
3、材料をすべて、耐熱容器にいれる
4、電子レンジ500w3分加熱し、よく混ぜ更に500w3分加熱
5、アクが出てくるので、アクは取り除きます
8、アクが出なくなったら完成
9、粗熱をとって瓶につめて保存する


上記の動画では生のブルーベリーを使って作りましたが、
冷凍のブルーベリーでも作れます。


そして、ブルーベリーはジャムにすることで
便秘解消効果が得られます。

ジャムに含まれるペクチン(水溶性食物繊維)が
大腸で善玉菌のエサになるので
その効果として大腸の働きが整います。

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す