スタバ エナジードリンクのカロリーと成分は?リポビタンDと比較してみた


0072013年6月25日に、コーヒーで有名なスターバックスからエナジードリンクが発売されたのをご存知でしょうか?

ただし、先行販売としてセブンイレブンのみでの販売になります。

本日はそのスターバックス・エナジードリンクについて徹底リサーチをかけてみました。

では、早速いってみましょう!!

スポンサーリンク



 スターバックス・エナジードリンクの詳細は?

今回セブン-イレブンを通して販売されたのは
この2種類です。

・クールライム
・ベリーベリーハイビスカス

容量:200ml
定価:191円(税抜き)

どちらも炭酸入りで、
日本人の味覚に合わせて味の調整をしています。

ちなみにアメリカで販売されてるものは
甘さ控えめのサッパリお味で
日本人には少し物足りないようです。

取り敢えず、飲んだ人の感想をご覧下さい。

HikakinTVさんは当ブログでよく登場されるのですが、
インパクトがあるので今回も採用してみました。

味はどうやらベリーベリーハイビスカスの方が
好評のようです。

飲みやすいようですね♫

対し、クールライムは若干クセがあるというか、
人によってはミントっぽいシュワっとした感覚を
感じるようです。
(Hikakinさんは苦味があると表現していました)

もう一つ、こちらの動画もご覧下さい。

出演者の方がちょっと下品ですが、
この方もHikakinさんと同じように
ハイビスカスを押しています。

 スタバ・エナジードリンクの成分は?

本来は効果を記載すべきなんですが、
発売されたばかりでデータがあまりにも少ないので
今回は成分からみてみましょう。

まず、スタバ・エナジードリンクの売りは
グリーンコーヒーから抽出したカフェインをベースに
果汁、ビタミン、高麗人蔘をブレンドしていることです。

この独自成分で、
従来のエナジードリンクには無い新しい感覚を狙っています。

スタバの出す商品はスタバらしく
オシャレであれと言うことですね~^^

では、もう少し細かく見て行きましょう!!

最初はハイビスカスの原材料です。

砂糖、ぶどう果汁、コーヒー生豆抽出物、高麗人参抽出物、
香料、酸味料、着色料(カロチノイド、アントシアニン)、
ビタミンC、パントテン酸Ca、ナイアシン、ビタミンB6

そしてクールライムはこちらです。

砂糖、果汁(ぶどう、ライム)、コーヒー生豆抽出物、
高麗人参抽出物、香料、酸味料、ビタミンC、パントテン酸Ca、
ナイアシン、ビタミンB6

若干の違いはありますが、主成分はほぼ同じです。

エネルギーはハイビスカスが1本あたり96kcal、
クールライムが84kcalで、
ややハイビスカスが高いようです。

 リポビタンDと比べてみる

これは噂なので本当かどうかは分かりませんが、
スターバックスのエナジードリンクは
リポビタンDをモデルに作られたという話があります。

なので、リポビタンDの成分を調べれば
この話が本当かどうかが分かります。

調べてみました!!

以下がそうです。

タウリン、イノシトール、ビタミンB1、ビタミンB2、
ビタミンB6、無水カフェイン、
添加物:白糖、D-ソルビトール、クエン酸、安息香酸Na、
香料、グリセリン、バニリン

a1640_000321こうして見ると
ぜんぜん違うことが分かります。


リポビタンDは主成分がタウリンなのに対し、
スタバ・エナジードリンクはカフェインと高麗人蔘です。

用途にも違いがあり、
スタバ・エナジードリンクがエネルギー補充なのに対し、
リポビタンDは疲労回復です。

そういった事からリポビタンDには、
疲労回復に効くタウリンとかクエン酸が
配合されてるようです。

なので、用途により
使い分ければいいんじゃないでしょうか?

最後に、このスタバのエナジードリンクですが、
スターバックスがどれだけ力を入れるのかは存じませんが、
是非とも進化していって欲しいと思います。

味もそうですが、
何より効果あってのエナジードリンクなので、
検証に検証を重ねて、
いいものを作り上げて欲しいと思います。

では、本日は以上です。

ありがとうございました!!

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す