ぶどう狩りは山梨!食べは放題の農園は?


000210今年のぶどう狩りは山梨で食べ放題はどうでしょうか?

ぶどう狩りのあと、山梨では温泉でゆっくりできるのでおすすめです。

とはいえ、色々な農園があってどこがいいのか迷いますよね。

時間制限の有無や、場所、
弁当の持ち込み可か、ぶどうはおいしいのか。

ここでは、おすすめのぶどう狩り食べ放題の農園を紹介しましょう。

スポンサーリンク



ぶどう狩り!山梨食べ放題おすすめスポットは?

ゆっくりと楽しめる様に、時間無制限
食べ放題の農園を主に紹介していきますね。

特に初めてのぶどう狩りの山梨での食べ放題
のんびり楽しくおいしく過ごしたいですよね。

  • ぶどうばたけ

  • 場所:〒409-1302 山梨県甲州市勝沼町菱山1425
    電話: 0553-44-0356
    営業時間: 8:30-17:00
    料金: 大人1500円・子供800円・小学生未満100-600円(年齢×100)
    期間:7月下旬~11月3日

    ピオーネや種無し巨峰など
    40種類以上の品種を扱っています。
    時期によって異なる種類がとれます。

    試食した後、ぶどう狩りをすることになります。
    農薬はぶどうの房そのものには掛けていないので
    皮ごと食べても安心です。

    乗り物や障がい者用トイレもあるので、
    お年寄りや体の不自由な方も気楽に参加可能です。

  • 紅玉園

  • 場所: 〒409-1314 山梨県甲州市勝沼町藤井1001
    電話: 090-2178-0071(予約9:00~19:00)
    営業時間: 9:00-18:00
    料金: 大人2100円 子供900(お土産なし)
    期間: 8月上旬~10月末
    8b657bf48b29369a17e984ebee41ae99_s

    要予約です。当日予約は13時までなので気を付けましょう。

    少人数制で、比較的小さな農園ですがその分、しっかり確実にぶどうに向き合って育てています。

    お弁当を持ち込むことができますし、バーベキューも可能です。

    ぶどう狩りの食べ放題はぶどう2房と
    ぶどう狩り前のぶどうジュースとお土産つきです。
    ちなみに、6月下旬-7月下旬は桃狩りもできます。

  • ツチと実
  • 場所: 〒404-0002 山梨県山梨市牧丘町杣口(そまぐち)1010
    電話: 080-3380-4182(予約9:00~19:00)
    営業時間: 8:30-18:00
    料金: 大人予約2000、通常2700、子供1200
       小学生未満無料
    期間: 9月頃~10月中旬

    こちらは、特にお子さんのいる家族連れにおすすめです。
    というのも魚つかみ取りなど
    子供も楽しめるイベントがたくさんあるからです。

    また、ぶどうは特濃巨峰をメインとしています。
    肥料は自然の物を、農薬もほぼ使用していないので
    安全においしく食べられます。

    予約したらバーベキューも持ち込みで楽しめます。

    以上、3箇所農園を紹介いたしました。
    どこのぶどうも美味しいと評判なので
    迷いますね。

    ぶどう狩りの山梨での食べ放題は
    それぞれのニーズと予算で検討すると
    いいでしょう。

    例えば

    身体が不自由な方やお年寄り
    ご家族やメンバーにいたら、
    ぶとうばたけ

    +αが欲しい方は紅玉園

    お子さんと行く場合はツチと実

    という感じでしょうか。

    ぶどう狩り山梨食べ放題の心得!

    まず、暑い日のぶどう狩りは避けた方がいいです。
    畑に冷蔵機能があるわけではないので
    生ぬるくなっていることがほとんどだからです。

    これでは、いくら食べ放題でもあまり食べる気しませんよね。

    また、食べ放題と言いますが、
    ほとんどの人が2房分で、お腹がいっぱいであることが
    多いようです。

    それも考えた上で、検討しましょう。

    もちろん、房ごと取るのがマナーです。

    中途半端にしか残っていないぶどうを
    食べようという気になる人は
    あまりいないからです。

    基本的に、残してしまった分は
    買い取り扱いで追加料金が発生するので注意です。

    あくまでも、取り放題ではなく、食べ放題なので、
    気を付けましょう。

    あと、夏から秋と気温差が激しい時期なので
    ウィンドブレーカーなど上着は常備しましょう。

           Sponsored Link

    よく一緒に読まれている記事です

    コメントを残す