口内炎~唇・頬の内側を噛むと腫れる!原因と対処法は?


うぎょ!また唇を噛んでしまった!!
出血してるかも・・・
頬の内側を噛んで口内炎が出来た女性
いてっ!頬の内側を噛んでしまった!!
は、腫れてる~( ;∀;)

そして、案の定、口内炎に。。。


こんな経験はありませんか?

私はホントに良くありました。
特に営業の仕事をしている時、口内炎になってしまうと
痛くて喋ることが出来ないんです!!

ここで、無理して喋ると傷口が更に広がってしまう
ことは分かってるんだけど、
仕事なので喋らないといけない。。。

ホントに辛い毎日の連続でした。


でも、今はほとんど噛まなくなっただけでなく、
噛んだとしても口内炎にはなりません。

実はあることをした結果、
口内炎とは無縁の生活を手に入れました。

その秘密を、これからお話していきますね~♫

スポンサーリンク




唇・頬を噛む原因とは?

唇でも、頬でも、噛んでしまうと
「ゲッ!またやってしまった!!」となりませんか?

そして、恐る恐る鏡で噛んだところを確認するんです!

すると、

「や、やっぱり血がでてるやん!!」

ショックですよね~ヾ(;´▽`A“
だって口内炎になることが分かってるから!!


しかも、御多分にもれず、噛んだ部分って腫れてしまうので、
噛む前より歯にあたりやすくなるんですよね(笑)!

けっか、同じ箇所を再び噛んでしまう確率が上がるんです。


でも、なぜ自分だけ唇とか頬の内側を噛んでしまうのか、
気になったことはありませんか?


私はすごく気になりました。。。

なので、歯医者の先生に直接聞きました!!

すると、先生からはこんな回答が・・・


それは、以下の2つです。

  • 歯のかみ合わせが上手くできてない時
  • 口の反射神経が鈍っている時



先生の話では、過去の歯医者での治療で、
歯の噛み合わせが不十分なまま通院しなくなると、
唇とか頬を噛みやすくなるというものでした。

この噛み合わせをキッチリ調整することで、
噛まなくなると言うことです。


もう一つは、疲れている時など、
体の反射神経が鈍るのと同じように、
口の反射神経も鈍くなるそうです。

そんな時に、無理に会話をしたり、
食事をすると噛んでしまうことがあるらしいです。


何となく分かります。。。

実際、私も圧倒的に歯の治療期間中に、
口の中を噛んで口内炎になってしまいますから。

要は、歯を削ったり、詰め物をしたりするだけで
歯の噛み合わせがズレるので、
何気に口を動かしただけで噛んでしまうんです。

しかも、1回だけではありません。
何度も何度も噛んでしまいますよね(;´▽`A“


反射神経の方は、どっちかって言うと
頬とか唇より、舌を噛んでしまうことが多い気がします。

舌も、口内炎になると痛いですよね( ;∀;)

水を飲むだけでしみてしまいます。


では、どうすればこれらの問題が解決するんでしょうか?


スポンサーリンク

唇・頬の内側を噛まないようにする対策とは?

これはズバリ!!

歯医者に行って先生に言うしかありません。

私は歯の治療のたびに、
頬の内側を噛んで出血するので・・」とか
何度も何度も唇を噛んでしまうので・・」と
口頭で伝えて、すぐに歯に修正をかけてもらいました。

すると、当然ですが、噛む回数が極減します!

もう全然違います。
治療が終わった時には、全く噛まないようになりました。

口内炎で歯の噛み合わせを修正する歯医者


ただ、もう一つの疲れている時に噛んでしまうのは、
噛み合わせとは関係ないのである程度仕方がありません。

大方は意識していない時に噛んでしまうので、
対処の仕様がないのです。

なので、視点を変えて、

  • 口内炎になりにくい体質に変える
  • 噛んでもすぐに傷口をふさぐ

ことを意識することにしました。


まずはこちらの記事を御覧下さい。

header009d

クエン酸を使った民間治療ですが、
これだけでも口内炎が出来なくなりました。


そして更に、こちらは強力な方法です。
口内炎を治す最強の方法とは?二度と悩まないためにコレをする!

リステリンを使った方法ですが、使い方に工夫をした結果、
完全に口内炎とは無縁になりました。

唇や頬の内側を噛んで出血しても、口内炎になることはありません。
なる気配も感じさせず、すぐに傷口がふさがる感じです。

自分で言うのもなんですが、Misterパーフェクトだと思っています。

まとめ

これを実践した結果、
ホントに口内炎で悩むことがなくなりました。

と同時に、
「あぁ~これが普通の人の感覚やねんなぁ~!」
と感動さえしています。


もし、あなたが唇を噛んでしまう、頬の内側を噛んでしまう、
その結果よく口内炎になるのでしたら、
ぜひこの記事の方法をお試し下さい。

きっと、「今までなぜこんなことで悩んでたんだ!」
と思うことでしょう♪

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す