最強の二度寝防止法とは?コレ以上遅刻は許されない!


二度寝がやめれない~!!

二度寝ってホントに気持ちいいですよね~^^
思わず、癖になってしまうほどの心地よさです。

でも、そのおかげで、いつも起きる時間が出社ギリギリで、二度寝が予防できなかった人
ひどい時は寝過ごしたあげく遅刻して
上司から思いっきり嫌な顔をされてしまいます(笑)。

癖になると、中々そこから脱出出来ないですよね~!!

実は私も過去にありました。

ありましたと書いたのは、
もうすでに克服しているからですね!

そこで今回は、私が行った二度寝を防止する方法から、
最新のこれは最強と思える方法まで徹底的に解説してみます。

では、いってみましょう~!!

スポンサーリンク



なぜ二度寝をしてしまうのか・・・原因は?

最初にお断りしておきますが、
当ブログでは、安易に
防止法だけをお伝えするようなことはしません。

だって、それでは不十分な場合が多いからです。

と言うことで、しっかりと原因から探っていこうと思います。

以下を御覧下さい。

  1. 自律神経の乱れ
  2. 目覚まし時計の使用

実はこの2つが二度寝をしてしまう原因でもあり、
治そうと思っても中々元に戻らない元凶なんです。

まず、1の自律神経の乱れですが、
自律神経が乱れると人は寝付きが悪くなって、
寝れたとしても浅くしか寝れません。

結果、寝不足になって、つい二度寝をしてしまいます。
スムーズに起きることが出来ないんですね!

尚、自律神経が乱れてしまう要素としては

  • ストレス
  • 不規則な生活

などがあります。

次に、目覚まし時計ですが、これが二度寝の元凶ってどういうこと?
って思いませんでしたか?ヾ(;´▽`A“

思い起こしてもらうと理解できると思いますが、
自然に目が覚めた時って目覚めがいいですよね?

これは体温が上昇して、眠りが少しずつ浅くなってきてから
目が覚めるので、気持よく目覚めるわけです。

しかも、この時にドーパミンといかコチゾールなどのホルモンも
同時に分泌されるので、体が活動準備に入りやすくなります。

対し、目覚ましを使って起きた場合は、
深く眠っている時に無理に起こされるので、
眠気や疲労感を持ったまま起きることになるからです。

だから、二度寝、三度寝をすればするほど、
睡眠サイクルが睡眠時にリセットされるので
起きるのが辛くなります。

二度寝の最強防止法とは?

では、どうすれば二度寝を防止できるのでしょうか?

原因を考えるとかなり手強そうですよね~!!(;´▽`A“

でも、大丈夫です。
順番を追ってみていきましょう~!!

まず、自律神経を安定させなければなりません。

なので、寝る前に二度寝防止のためのホットミルク

  • ホットミルク
  • カモミール

を飲んでから布団に入りましょう。

何故かと言うと、
牛乳にはタンパク質の一種であるトリプトファンが含まれています。

このトリプトファンが、
体内でセロトニンという神経伝達物質に合成され、
睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を促進するんです。

また、カルシウムも含まれていて、
これが精神安定剤の役割を果たします。

結果、自律神経が落ち着き、良く眠れるようになります。

更に、布団に入ってからでいいので深呼吸をすると、
脳に酸素が供給され、結果を後押ししてくれます。

思い切り深い深呼吸の方が効果が高いので、

  1. 肺の中の息を吐ききる
  2. ゆっくり目一杯息を吸い込み止める
  3. そのまま30~60秒止めたままにする
  4. ゆっくり息を吐き出す

これくらいやると脳に十分の酸素が行き渡るので、
寝起きも凄く良くなります。
(やるのとやらないのとでは結果が全く違うのでお試しあれ♪)

そして、もう一つ、カーテンを開けて寝ましょう!!

すると、朝日が部屋に差し込むので、
この太陽光が目覚めをスムーズにしてくれるだけでなく
おかしくなった体内時計リセットしてくれます。
二度寝を克服した人
出来れば、目覚まし時計は手がとどかない所に
置いておいて下さい。

で、起きたら、すぐに顔を洗って下さいね(´▽`v)
ここは大切です。

顔を洗うことが出来れば、二度寝はなくなりますから!

更に、その後、ストレッチをして体を動かして、
熱~いコーヒーでも飲めば完璧です。

一緒にテレビもつけて見て下さいね~♪

これを毎日続けて下さい。
私はこれで二度寝を克服しました。

まとめてみます。

<寝る前>

  1. ホットミルクを飲む(自律神経が安定するまで)
  2. カーテンを開ける
  3. 目覚まし時計を手の届かないところに置いてセットする
  4. 布団の中で深呼吸して脳に酸素を十分におくる

二度寝を防止するためのストレッチ<朝>

  1. 起きたらすぐに顔を洗う
  2. ストレッチをして体を動かす
  3. テレビを付けてみる
  4. 熱いコーヒーを飲む

二度目克服の裏技とは?

ただ、これだけやっても
中には起きれない人もいるかも知れません。

なので、保険というか、
私がここ一番でやっていた方法も伝授します。

それは、寝る直前に布団の中で
朝◯時に、必ず起きる!」と叫ぶことです。

これはたまたま知ったんですが、
人間の脳は、寝てる間に何に影響されるのかというと、
寝る直前の感情とか考えなのだそうです。

ですから、嫌なことがあって気分が悪いまま寝ると、
朝も気分が悪い状態で起きてしまうことになるんです。

これは、あなたも経験があるんじゃないでしょうか?

例えば、子供時代の遠足などは、ワクワクした状態で寝るので、
朝も元気いっぱいで目が覚めます。

対し、誰かと喧嘩して寝床についた時などは、
朝も何となく気分が悪かったりします。
夢の中で喧嘩する人

これを利用します。

寝る直前に「明日は◯時に必ず起きる!」と叫んで、
気合をもって寝て下さい。

すると、不思議なことに、
目覚しがなる前に目が覚めたりします。
(実際、自分で思っているより起きれます)

こうなると、自然の状態で起きているので、
ドーパミンなどのホルモンも分泌され目覚めが快適です。

あと、裏ワザで光目覚まし時計を使う手もあります。

これは朝日が差し込まない、西の方向に窓がある
部屋で寝ている人に有効です。

ハッキリ言って凄い光です。
音の代わりに目が覚める、強烈な光があなたを照らします。

私の友人が使っているのですが、
とにかく快適に目が覚めるって言っていました。
目覚め快適!最先端プレミアム光目覚まし時計inti

(こちらは最新型のようです)

少し高いですが、効果の方はバツグンのようです。

まとめ

どうでしょうか。
以上が、私が実践していた二度寝防止法です。

もう、二度目をすることも無くなったので、
今では懐かしい方法ですが(笑)。

もし、あなたが二度寝で悩んでいるのなら
ぜひ、試してみて下さい(゜∇^d) !!

ではでは~♪

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す