鼻うがいを簡単にする方法!花粉症 アレルギー性鼻炎に


a0002_007533それでは、鼻うがいを簡単にする方法を紹介して行きたいと思います。

簡単にする方法は2種類あります。

コツを掴むまでが難しいとされる鼻うがいですが、この方法でやれば誰でも簡単に出来ますのでオススメです。

鼻うがいが出来るようになると、薬は必要なくなったという人もいます。

では、いってみましょう!!!

スポンサーリンク



 

 段階を踏んで恐怖を克服する

実は、いきなり本格的にやると
上手く行かなかった場合、鼻にかなりの痛みを感じたりします。

そうなると、また同じ失敗を恐れて
チャレンジ出来なくなります。

そうならないためにも、
取り敢えず、少しの量から馴らしていくということです。

鼻うがい 効果はあるの?最も簡単に出来る方法は?
でも紹介しましたが、同じ事を記載しますね。


①初めて鼻うがいをする時は、
点鼻薬の容器に洗浄液を移し替えて
鼻孔にスプレーすることから始める

② ①に慣れてきたら、
洗浄液を魚の醤油差しに移し替えて、
それを試してみる

③ ②に慣れてきたら、
洗浄液を本格的なものに移し替えて
それを試してみる

です。

この段階を踏むことで
鼻の中に洗浄液が流れる感覚に慣れていきますし
何よりも恐怖を感じなくなってから
本格的な実践が出来ます。

では、まず最初はパターン1から紹介します。

 

 鼻うがいを簡単にする方法1

取り敢えず、以下の動画をご覧下さい。

これは、本格的なインド人の鼻うがいですが、
取材を行った女子アナの人も出来ているところがミソです。

この動画でちゃんとしたやり方をやれば
誰でも出来る事を確認できたと思います。

では、以下の写真をご覧下さい。

hau3

ネティポットの代わりに100均でもよくある容器を利用しただけです。

これだと容器を押すと勝手に洗浄液が出てくるのでより簡単です。

ただ、喉の中に入らないように
「あ~」と「え~」と声を出しながら行うと上手くいきます。

次はパターン2です。

 

 鼻うがいを簡単にする方法2

パターン2は前々回紹介したハナクリーンを使う方法です。

動画ではハナクリーンSという携帯用のタイプでしたが、
EXというポンプ式のタイプもあります。

やり方は非常に簡単で、
ポンプを押すと自動で洗浄液が出てくるので
あとは口から出すだけです。

ツーンときません。

これはパターン1と何が違うのかというと
顔を横に向けなくても洗浄出来る事です。

楽な姿勢で出来るので
毎日やるには持って来いです。

また、ハナクリーンには温度計がついています。

なので、温度管理が非常に楽に出来ます。

そして、付属の洗浄液がなくなると
自分で生理食塩水を作ればいいのです。

配分は前々回にもお話した通り
1Lの水(ミネラルウォーターか浄水器の水)に
9gの食塩です。

ちなみにEXタイプは、先端のノズルの取り外しが出来るので
複数の人数で使用する時に重宝します。
(結局はこちらが安上がりかも)

 

 

 鼻うがいの注意点

何回でも言いますが、
鼻うがいにはリスクもありますので
十分に注意して行う必要があります。

特に①②④が出来ていないと
鼻に痛みを感じる原因になります。


①洗浄水は規定濃度の生理食塩水を使う
②水温を人肌(35~36℃)に設定する
③鼻孔奥に洗浄水が残らないように出す
(やり方は前々回の記事で説明)
④水道水は使わない
⑤1日に2回までがベスト。それ以上はしない

以上が鼻うがいを簡単にする方法です。

これでスッキリ爽快感を味わって下さい!

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す