最強の禁煙方法はコレ!私は戦略を使って成功した!


もしかしてあなた、
なかなか禁煙が出来ずに悩んでいませんか?禁煙する方法

今まで幾度と無くチャレンジしてきたけど、途中でどうしても吸いたくなってしまう。そして、結局また吸ってしまう。しかも、ストレスの反動で本数が増えていませんか?



実は、過去の私が似たような感じだったので、あなたの気持ちが凄くわかるんです。16歳で吸い始め、35歳で禁煙をするまで、1日40本をずっと吸い続けてきました。

でも、ある日決めたんです。タバコを辞めるって。

この記事では、そんな私がわずか一週間で禁煙に成功した方法を紹介します。しかも、ほぼ苦しむこと無く出来たんです。

では、さっそくいってみましょう~!!

スポンサーリンク




もしかして、こんな方法を求めていませんか?

あなたが今まで、どんな禁煙方法を実践してきたのかは分かりませんが、これだけは言えることがあります。

それは、、

  • 意志力がいらない禁煙の仕方
  • 我慢しなくてもいい禁煙の仕方
  • ストレスを感じない禁煙の仕方

…を求めてはいけないと言うことです。

これらを求めると、ほぼ失敗します。

なぜかというと、そんな都合のいい禁煙方法は存在しないからです。タバコはあなたにとって、すでに体の一部なんですよね?長~い間、時間をかけて体に染み込ませてきたものですよね?

とすると、それをいきなり断つわけですから、ストレスを感じて当然だし、我慢だって強いられるし、禁煙を継続するための意志力だって必要になります。わかりますよね?



でも、私はほぼストレスフリーで禁煙することに成功しました。

そんな私が、どんな方法で禁煙に成功したのかを説明します。

私が禁煙に成功した方法

私が禁煙にした方法は以下のStepです。

  1. タバコをまずく感じる時期を見計らう
  2. とりあえず辞めてみる
  3. どうしても吸いたい時はシケモクを吸う
  4. 徐々に本数を減らす



すっごくシンプルですよねヾ(;´▽`A“
本当にこれで辞めれたのかって感じですが、確かにこの方法で約一週間後にはタバコを欲しくなくなりました。冒頭にも書きましたが、それまでは1日40本吸ってるヘビースモーカーだったんですよ~!

と言うことで、1つずつ解説していきますね。


Step1. タバコをまずく感じる時期を見計らう

何ごとも成り行きで行動をおこしてはいけません!それが失敗のもとになるからです。ですから、私は一番タバコを辞めるのに最適な「まずく感じる時期」を選びました。

このまずく感じる時期なんですが、タバコっていつもいつも美味しく感じる訳じゃないですよね?「美味しい~~~!!!」と至福を感じる時もあれば、特に美味しくも感じないけど何となく吸っている時だってあります。

ここで、冷静になって考えて欲しいんですが、本当は惰性で何となく吸ってしまってる時って多くないですか?私は多かったです。そして、私の友人にも確認しましたが、同じく惰性ですっている時が多いと言っていました。

惰性?


そうなんです。あなたはタバコは体にわるいと分かってるから、やめようと思ってるんですよね?と言うことは、惰性で吸ってるタバコをこのまま吸い続けるのはアホらしく感じませんか?

好きで吸っているわけじゃなくて、タバコに吸わされている状態になっているわけです。私はそこに気づきました。

あなたもそこを考えてみるといいです。


Step2. とりあえず辞めてみる

本来なら、ここで絶対にやめてやると心に誓えと言いたくなるんですが、私はそれをしませんでした。

なぜかというと、禁煙で失敗している人を見ていると、「今度こそは」とか「何が何でもやる」と決心したくせに誘惑に負けて、また吸ってしまうからです。だから、無理にやめようと思わないようにしました。


人ってストレスを感じると、無性にタバコを吸いたくなるんですよね?

なので、とりあえずやめてみて、吸いたくなったらちょっとだけ吸おうと思って実践しました。

まじかよ~!って感じですが、このおかげで、ほぼストレスを感じること無くやめる方向に向かうことが出来たんです。



スポンサーリンク



Step3. どうしても吸いたくなったらシケモクを吸う

普通は、禁煙をすると持ってるタバコは箱ごと捨ててしまうと思います。でも、私は残しておきました。上記でも書いたとおり、吸いたくなる時に吸うためです。

でも、ここでも一計を案じました。

それは、シケモクしか吸わないと決めることです。ですから、吸う時には1本丸々吸うのではなく、一口か二口だけ吸って、満足したら火を消してシケモクとして残しておくのです。


シケモクってまずいですよね?これが狙いです。

そもそも、タバコがまずいと感じる時期を見計らってやめたので、まずいシケモクを吸うことは、まずさをより認識させることになります。私はシケモクを吸う度に、「何でこんなまずいものを今まで吸っていたんだろう」と思いました。


Step4. 徐々に本数を減らす


意識して減らすというよりは、シケモクを吸う度に「まずい」と思っていたので、自然と本数は減っていきました。

最初は2日で1本くらい。その後は3日で1本吸ったかどうかの量です。

こうして一週間が経つ頃には、ほぼストレスを感じること無く吸いたくなくなったんです。人がタバコを吸ってるのを見ても特に吸いたい欲望に駆られなかったので、事実上の禁煙成功といっていいと思います。

もう禁煙して18年が経ちますが、この間2回だけ、お酒を飲みに行った勢いで吸ったことがあります。でも、その時だけです。


逆に今では、町中でタバコを吸っている人とすれ違うと、臭さを我慢出来ないほどになりました。

こうして、タバコを吸わない自分が確立されたんです。


おわりに

タバコをやめることが出来ると、本当にいいことだらけです。これは実際に体感してみないことにはわからないと思います。

そういった内容も含め、次回の記事では、さらにあなたがタバコと決別出来るような情報を発信していきます。

必見ですよ~!!禁煙のためなので必ず読んで下さい。
   ↓  ↓  ↓
禁煙のメリットとデメリットの決定版!これを読んでもまだ喫煙出来ますか?

あなたの禁煙を心より応援しています。

ありがとうございました。

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す