なぜか気分が落ち込む!その時あなたの体内で何が起こっているか?


なぜか気分が落ち込む。。。

気分が落ち込む女の子なぜなのかその理由が分からない。
特に落ち込むようなことも無かったししてないのに、待ってたかのように定期的に落ち込んでしまう。

そんなことありませんか?

実は、管理人もそんな人生を送ってきた一人でした。それでも子供のころは気にならなかったんですよね。でも、大人になるにつれて、それでは苦しくなってくるんです。

すぐにでも、そこから脱出したいですよね!大丈夫です。管理人がその理由を解明して、解消法まで導いていきます。安心してついてきて下さい。

では、いってみましょう~!!

スポンサーリンク




なぜか気分が落ち込む人は普通の人とどこが違うのか?

普通、落ち込む時には、前もって精神的なショックを受けるんですよね。

  • 同じことで何度も怒られた
  • 好意を持ってた人に嫌われた
  • 信頼してた人にダマされた

…などなど。

でもあなたは、そんな思い当たるふしもないのに、落ち込んでいる。しかも、定期的に何度も何度も落ち込んでいる。。。


実は、理由がなくても人間は落ち込むんです。

「喜怒哀楽」って言葉を聞いたことないですか?そうです。人間には誰にでも、もれなく、喜怒哀楽という相対する感情を持っているんです。私にも、あなたにも、学校の先生にも、会社の社長にも、ダウンタウンの松ちゃんにも、明石家さんまにもあります。

これがある限り、誰でも理由なく落ち込むんです。昨日まで上機嫌だったのに、翌朝起きるといきなりネガティブな感情になってるってことありますよね?

だから、特にあなたが変わっているわけではありません。ちょっとマイナスの方向に偏りすぎてるだけなんですね。


では、なぜマイナスの方向に偏りすぎてるのでしょうか?

なぜか落ち込む人がマイナスの方向に偏りすぎる原因とは?

実は、これだけあります。

  1. たんぱく質不足
  2. 睡眠不足
  3. ネガティブに感じるのがクセになっている
  4. 人と比べてしまう

細かなことを言うと、他にももちろんありますが、大枠の原因はこの4つです。すべて、精神的なショックとは無関係なものばかりです。

では、1つずつ説明していきますね(´▽`v)


スポンサーリンク

落ち込む原因1. タンパク質不足

これは他の記事でも嫌って言うほど語ったので、あなたの脳裏にも焼き付いてると思います。でも、敢えてもう一度言っておきます。それだけ大事なことだからですね!

実は人間の脳は、

  • やる気のホルモンであるドーパミン
  • 心の安定のホルモンであるセロトニン

の生成量が減ると落ち込みやすくなります。

そして、このドーパミン・セロトニンの原料となるのがアミノ酸であるタンパク質なんです。


つまり、タンパク質の摂取量が減ると、ドーパミン・セロトニンが生成されないので、何も悪いことをしていないにもかかわらず、ネガティブな気分になってしまいます。その結果落ち込んでしまうんですね。

このタンパク質不足ですが、殆どの人は気づいていません。だから気持ちの問題だけで片付けようとしてしまいます。これでは、ガゾリンが無いのに、一生懸命アクセルをふかしている車と同じです。


タンパク質の摂取に関しては、こちらの記事を読んで下さい。

◯速攻で落ち込みを解消したい場合
   ↓  ↓  ↓



◯毎日の生活で対策を施したい場合
   ↓  ↓  ↓



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="9625183208"
data-ad-format="link">

落ち込む原因2. 睡眠不足

これは、実体験として感じている人も多いんじゃないでしょうか。そうなんです。人間は睡眠不足になると、心の安定に大切なホルモン・セロトニンの分泌量が減ります。その結果、切れやすくなったり、落ち込みやすくなるわけです。

また、抗ストレスホルモンである「コチゾール」の分泌量にも影響が出るので、ストレスを感じやすくなります。すると、

  • 自律神経失調症
  • 記憶障害
  • うつ

になりやすくなるんですねヾ(;´▽`A“


実は、私も3時間睡眠を半年間続けたことがあるんですが、精神状態だけでなく肉体の方もボロボロでした。目標があったので、何とか持ちこたえることが出来ましたが、それでもオススメは出来ません。

睡眠時間はしっかりと確保するようにしましょう。人によって多少の誤差はありますが、ベストは6~8時間と言われています。

落ち込む原因3. ネガティブに感じるのがクセになっている

人によっては、ものの考え方であったり、感情が原因になっている場合があります。

特に、考え方のクセでネガティブになる人は要注意です。どういう事かというと、いつもマイナス方向に考えてしまうことで、不必要に落ち込んでしまっているんですね。

たとえば、頭の中にある出来事が思い浮かんだとします。すると、あなたはそれに自動的に反応して、勝手にネガティブな方に考えを膨らませているんです。


でも、なぜこのような思考パターンが身についてしまったのでしょうか?


それは・・・過去の経験です。あなたの過去の経験が、ネガティブな記憶であればあるほど、ネガティブな思考パターンが身につきます。

でも、大丈夫!このブログに書いてあることを実践すれば、必ず抜けだすことができます。まずは、タンパク質の摂取から始めてみて下さい。

落ち込む原因4. 人と比べてしまう

これも、心当たりのある人が多いのではないでしょうか?

不必要に自分と周りとを比べ、「なんて自分はダメなんだ」と落ち込んでしまうんですね~!

もちろん、この”人との比較”が意識上にあがってくることもあるんですが、無意識で比べてしまっていることもあるので始末が悪いんです。


例をあげると、自分よりモテそうな男性・女性が近くに来ただけで「フン!」と思ってしまったり、フェラーリに乗ってる金持ちを見ただけで無性に腹が立ってしまうのは、無意識で自分と比較しているからなんですねヽ(・∀・)ノ


自分より上と比べると、人は簡単に自信を失って落ち込んでしまいます。だから人と比べることに意味がないことに気づかないといけません。

ここで質問です。

あなたは生まれて間もない中国人の子供が、あなたに出来ない何かをやってのけるのをご存知ですか?

答えは・・・彼らは中国語を喋ります。


これ、凄いですか?
別にそんなのあたり前と思っているはずですよね?

つまり、すべては能力の違いではなくて、経験の違いだってことです。お金持ちの人だって、お金持ちになる道を歩んだからそうなっただけであって、あなたよりとりわけ優れているわけはないんです。だって、同じ人間ですから。

逆にお金持ちの人に出来ないことが、あなたの中にもあるはずです。たとえば、自転車のパンク修理を5分で完了させてしまうとか、めっちゃ美味しいチャーハンを作ることが出来るとか。


自分ではしょーもないと思っていることでも、金持ちとかモテる人からみると、凄いことだったりします。人生そんなもんです。

あなたは、あなたにしか歩めない素晴らしい人生を歩んできたんです。だから、人と比べること自体に意味がありません。

この落ち込んでいる時間だって、将来的に「あの時あの経験があったからこそ今がある」と思える日が必ずくるんです。


これで理解できたと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="9625183208"
data-ad-format="link">

仕事が原因で気分が落ち込むこともある

最後に、なぜか朝になると気分が落ち込む人がいます。夜は元気なのに。
仕事が原因で気分が落ち込む
実はこんな人の大半は、仕事が原因で落ち込んでしまうんです。もちろん、自分の意志とは無関係にです。

今の日本人の多くはサラリーマン、もしくはOLです。本当は会社を辞めたくて辞めたくて仕方がない。でも家族のために、ましてや自分が生きていくためにそこで頑張るしかないんのが現状なんです。

そのジレンマが、朝になると落ち込みという形で表れます。私も過去によくありました。



人の体は正直です。自分ではもっと頑張らないといけないと思っていても、どこかでブレーキがかかります。その結果、最悪はパニック障害であるとかうつ病になる場合もあります。

これは、会社内の人間関係が原因のときもあるし、夫婦間の問題である時もあります。

ですから、多くのサラリーマンは夜になると、ビールジョッキを片手に発散するわけです。これがないと大変なことになりますから。

他にもカラオケに行ったり、休みの日を利用して自分の趣味に没頭するのも大事です。ほどよくストレスが抜けると、朝落ち込むということも減ってきますから。

大切なのは、自分の気持ちに真正面から向き合うことではないでしょうか。仕事は会社員だけではありませんし、場合によっては転職で解決する場合もあります。

上手くストレスを抜きながら向き合って下さい。あと、一生懸命になりすぎると鬱になったりするので、緩急をつけて仕事をすることも大事です。

おわりに

今回は、なぜか気分が落ち込む理由について説明しました。しかも、肉体的なことと精神的なことの両面からメスを入れていきました。

尚、解決策及び対策については、再度こちらのまとめ記事の方を御覧下さい。きっと、あなたのお役に立つこと請け合いです。

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す