中鎖脂肪酸でケトン体質になるメカニズムとは?


ケトン体のメカニズムって知ってますか?
中鎖脂肪酸でケトン体になる
中鎖脂肪酸を摂り入れるようになると、必ずケトン体という言葉を聞くと思います。でも実際に、どんなメカニズムで作られて、自分の体にどんな効果があるのか知ってる人は少ないと思います。


そこで、健康オタク歴20年の管理人が、あなたに変わって徹底的に調べてみました。ケトン体のことを知ると、あなたの意識と生活は一変しますよ~ヽ(・∀・)ノ

もしかすると、今までの悩みが一気に吹っ飛ぶかもしれません!

では、1つずつ説明していきますね~!!
まずは、ケトン体が何なのかからです。

スポンサーリンク



中鎖脂肪酸 ケトン体とは?どんなメカニズムなの?

簡単に言うと、ケトン体とは、脳のエネルギーの中の一つです。基本的に脳のエネルギーは3つあります(参考書籍:仕事で成功したければ「脳にいい油」を摂りなさい)

1st. 糖 ⇨ ブドウ糖
2nd. 脂質 ⇨ ケトン体
3rd. タンパク質 ⇨ アミノ酸 ⇨ ブドウ糖に再合成



上の図を見てもらえれば分かるんですが、通常はブドウ糖が優先的に脳のエネルギーとして使われます。しかし、これが枯渇すると、体の脂肪が肝臓でケトン体に分解され、第2のエネルギー源になるんです。

それにも関わらず、我々はお米とかパンなど炭水化物(糖分)を主食にしているんですね。その結果、ケトン体がエネルギー源として使われることはほぼありません。ブドウ糖が枯渇しないんです。
(※長期にわたって絶食した時はアミノ酸がエネルギー源として使われます)


じゃあ、なぜわざわざそんな説明をしたのかというと、ケトン体をエネルギー源として使うのに最も適した脂質があるからです。それが中鎖脂肪酸です。

中鎖脂肪酸は他の脂質(長鎖脂肪酸)と比べ、エネルギーに変換されるスピートが圧倒的に速いです。摂取後、小腸からすぐ肝臓に運ばれケトン体に合成されます。なので、食品に中鎖脂肪酸の含有量が多ければ多いほどケトン体に変換される確率が高まるんです。

事実、日清では普段の食事に、中鎖脂肪酸を使うことを奨励した商品がたくさんあります。


わかりますかね?トドのつまり、ケトン体をエネルギー源として使おうと思うのなら、この中鎖脂肪酸が一番効率がいいということになるんです。


では、ケトン体を使うメリットとは何でしょうか?
どんな効果があるんでしょうか?


スポンサーリンク

中鎖脂肪酸 ケトン体のメリットと効果とは?

あなたは、こんな経験がないでしょうか?

  • 朝からボーッとして仕事に集中出来ない
  • 何かイライラする
  • お昼ごはんを食べると眠くなる

私はしょっちゅうでした^^;

実は、これはブドウ糖をエネルギー源とした時に、普通によく起きる現象なんです。血糖値の変動が大きく関わっていると思われます。


しかし、ケトン体をエネルギー源にすると、これがありません。血糖値の影響を受けにくいんですね!

ズバリ、ケトン体のメリットは以下の4つです。

  • 認知機能がアップする
  • コレステロール値が適正になる
  • 食後に眠くならない
  • 痩せやすくなる



ちょっと1つずつ説明しますねヽ(・∀・)ノ

認知機能がアップする

そもそも、なぜ認知症になるのかというと、脳がブドウ糖を上手くエネルギーとして取り入れることが出来ないからです。

と言うことは、中鎖脂肪酸を摂取すると、糖の代わりにケトン体がエネルギー源として働いてくれるので、脳が再び活動してくれるわけです。
実際にココナッツオイルが、アルツハイマー病などの認知症改善に効果をあげてる事をご存知でしょうか?


私も実際にテレビの実証実験を見たのですが、ココナッツオイルで揚げたトンカツを食べたお婆ちゃんの認知症が、確かに改善していました。思い出す確率が、摂取以前の3倍以上になっていました。

中鎖脂肪酸には認知症を改善アップする効果があります。

コレステロール値が適正になる

中鎖脂肪酸はすぐにケトン体としてエネルギーに変換されます。なので、通常の油のように血中にコレステロールとして残りません。

それどころか、

  • 悪玉コレステロールを減らして
  • 善玉コレステロールを増やす

働きがあります。

よって、中鎖脂肪酸を摂取すると、あなたの体のコレステロール値も適正化されます。中鎖脂肪酸凄いですね!

食後に眠くならない

実は私は、ここを改善したくてココナッツオイルとかMCTオイルを摂るようになりました。50歳前後になると、食後にひどく眠くなるんです。

原理はこうです。普段食べている食事は炭水化物が多いですよね?炭水化物は糖分なので、食べると血糖値が急激に上がります。そして、それを下げるために 膵臓からインスリンが分泌されるんですが、この血糖値の急上昇急下降が眠気を誘います。


そこで、炭水化物を減らして、コーヒーにMCTオイルを入れて飲むようになってから、私は食後に眠くなくなりました。もちろん、多少の眠気はきますが、すぐにシャキッとした体に戻ります。

  • 炭水化物を減らす→血糖値が上がらない
  • 中鎖脂肪酸を摂り入れる→脳のエネルギーになる


痩せやすくなる

糖分を減らして、中鎖脂肪酸を摂取するようになると、エネルギー源がブドウ糖からケトン体に切り替わるので痩せやすくなります。有名なところでは完全無欠ダイエットがあります。

◯作り方

  1. 良質な豆でコーヒーを淹れる(350cc)
  2. 1をブレンダーに移し、MCTオイル大さじ1杯を入れる
  3. 更にグラスフェッドバターも大さい1杯入れて撹拌する
  4. 朝食はこのコーヒーだけにする



私自身は太く無いのでダイエットは意識していませんが、それでも多少お腹周りがスッキリした感じはあります。あと、頭がシャキッとして疲れにくくなりました。どちらかというと、こっちを狙ってたので(笑)。

Amazonのレビューなんかを見ると、MCTオイルで痩せましたって報告も見受けられるので、気になる方は探してみるといいと思いますよ^^

「仙台勝山館 MCTオイル」で検索をかけるとすぐに出てきます。

おわりに

どうでしょうか?
ケトン体凄いですね~!!私も改めてその素晴らしさを認識させて頂きました。

そう言えば、断食をすると頭が冴えるようになったという話をききますが、あれも断食をすることでエネルギー源が糖分からケトン体に変わった事で起こる現象だと言われています。

きょえ~~!!明日からもっと真剣に中鎖脂肪酸を摂取せねば(笑)。

 中鎖脂肪酸に関するまとめ記事です。
ケトン体のメカニズムからどんな食品に含まれてるかまで役立ついろんな情報をまとめてみました。
    ↓  ↓  ↓
中鎖脂肪酸まとめ!ココナッツオイル~MCTオイルまで網羅してみた!
では、お楽しみ下さい~♪


       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す