納豆 食べ方レシピとベストな組み合わせ食材は?


a0002_001707納豆は日本全国各地域で、それぞれの食べ方があります。

しかし、一概に食べ方とは言っても、共通した部分も多いハズです。

その共通した部分の中での食べ方と、一緒に組み合わせる食材など、誰でも活用出来る知識を当ブログで調べてみました。

あなたにも活用できる情報です!

では、まずは食べ方編から行ってみましょう!!!

スポンサーリンク



 

 納豆の食べ方

昔は納豆というと藁に入れられて販売されていましたが、
現在では発泡スチロールの容器に入って売られています。

なので、そのまま発泡スチロールの容器のまま
食べている方も多いのではないでしょうか?

しかし、納豆は混ぜなければ糸を引きません。

この混ぜるという行為は
容器が発泡スチロールだと穴が開きやすくなります。

よって、無意識に手加減をして混ぜているのです。

①別の容器に入れ替えて混ぜましょう

我が家では白の容器ですが、
長く使うものなので飽きないデザインがいいでしょう。

使ってみるとわかりますが
混ぜやすさが格段に良くなるので
短時間で糸が引いてきます。

そして次です。

②箸をお味噌汁につける

これはお味噌汁がある場合だけで良いのですが、
不思議なことに、箸をお味噌汁につけてから
納豆を混ぜると、箸が糸を引きません

③朝よりも晩に食べる

これは納豆に含まれてるナットウキナーゼによる
血栓防止効果が約8時間だからです。

最近話題の脳梗塞などは、
朝起きた時に発症するケースが多いので
寝ている間にナットウキナーゼの恩恵を受け取るのです。

こうすることで、脳梗塞を予防出来ます。

④かき混ぜてから30分放置後に食べる

何故こんなことを言うのかというと
若返り物質のポリアミンの量が増えるからです。

納豆にはポリアミンが多く含まれています。
そして30分放置しておくだけで、その量は確実に増えます。

※ポリアミンに関しては、問題になった「あるある大辞典」のデータなので、
どこまでが本当で、どこまでが捏造なのかハッキリしていません。

①~④までありますが、
別にすべてを行う必要はありません。

 自分に必要だと思えることだけを取り入れましょう。

ここで納豆の美味しい食べ方講座の動画を見つけました。
ウンチクを語っているのは某納豆会社の社長です。

本当に美味しそうです。

そして次は、納豆にどんな食材が合うのか?
その組み合わせについて調べました。

 納豆に合う食材の組み合わせ

一番多いのは、やはり「ネギ」でしょう!!!

なんたってネギは
納豆の足りない栄養素を補ってくれるので
この2つが組み合わされば、
栄養的にはほぼ完璧と言われています。

しかし、組み合わせには
いろんなパターンが考えられますよね?

東北のとある地域では「砂糖」を入れて
食べるところもあるくらい多種多様です。

では、地域性を抜きにして
栄養的な面での効果的な組み合わせを調べてみました。

そこで、まず思い浮かぶのが
同じ発酵食品同士の組み合わせです。

その中で、人気が高いのが

納豆+キムチ です。

そして更に 納豆+キムチ+粉チーズ
ってパターンもあります。

粉チーズが入ることで
よりマイルドになり、味が少し洋風に傾きます。

また、同じ消化酵素同士の組み合わせもあります。

代表的なのが 納豆+大根おろし です。
この場合、大根の消化酵素の力で、
納豆のネバネバが消えて無くなるのですが
栄養的にはなんの問題もありません。

あっさりして凄く美味しく食べれます。
大根おろしの上から、ポン酢等を掛けて召し上がります。

大根おろしは、フードプロセッサーがあれば簡単に出来ます。

あと、その他の組み合わせとして

納豆+海苔
納豆+梅干し があります。

すべてどこの地域でも手に入りますし、
栄養的にも有効な組み合わせなので
是非、毎日の食生活に取り入れてみれば
いいのではないでしょうか。。。

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す