顔のシミ 効果的な予防対策は?


¹0­0ó0±0¢0’0Y0‹0sY'`さて、顔のシミの原因、種類、消し方と終わりましたので、本日は顔のシミ予防策に進みたいと思います。

前回の記事で、美白に効く成分として、①予防美白成分②還元美白成分③代謝美白成分の3種類があると記載しました。


そして、シミを消す効果があるのは、②と③であることも記載しました。

では、①の予防美白成分はどんな効果があるのでしょうか?

それが本日のテーマ「顔のシミ予防」です。

スポンサーリンク





 顔のシミ 予防の基本とは?

シミの予防にも基本なるものが存在します。

それが以下です。

①保湿
②日焼け止め
③インナーケア


まず①保湿ですが、市販の乳液とか化粧水で、
強い肌を作るための肌質の底上げを行います。

ポイントは、乳液はより優しく塗り、¨0¹0Æ0’0Y0‹0sY'`化粧水を入れたあとは手のひらで優しく包み込んで、目元には化粧水のコットンパックを行なって見て下さい。

同じ化粧品でもより丁寧に行うことで
肌質がきめ細かく、柔らかくなっていきます。


そして②日焼け止めですが、日中はこの日焼け止めを必ず塗るようにします。

外出する時に日傘や帽子を使用し、
上着は長袖を着ることで
出来るだけ紫外線を防ぎます。


最後の③インナーケアですが、
これはサプリメントを飲用することで
美肌に効果のある成分を取り入れます。

代表的なものとしてはビタミンCがありますが、
その他Lシステイン、ビタミンB、トランサミン
なども効果があります。


ビタミンCは、メラニン色素を作りだす

「チロシン」という成分を抑えて、
 メラニン色素の沈着を防止する働きがあります。

こういったことが基本であると考えて下さい。

以下にシミの予防に関する動画があったのでご覧下さい。

では、次は効果のある予防美白の成分には
どんなものあるかをが記載していきます。


スポンサーリンク



 効果のあった予防美白成分とは?

・αアルブチン・・・江崎グリコ開発
・βアルブチン・・・資生堂開発
・コウジ酸・・・三省製薬開発
・ルシノール・・・ポーラ開発
・カモミラET    花王開発
・リノール酸S(リノレックS)・・・サンスター開発
・m-トラネキサム酸・・・資生堂開発
・マグノリグナン・・・カネボウ開発
・4MSK・・・資生堂開発
・D-メラノTM・・・マックスファクター開発
・エラグ酸・・・ライオン開発
・ビタミンC誘導体


上記は日本の化粧品会社が開発した成分ですが、
12種類すべてが予防美白成分です。

もちろんビタミンC誘導体のように
還元美白成分と両方の効果を持っているものも
ありますが、

これで分かることは
日本の化粧品会社の商品の大半は
シミを予防するための化粧品だということです。

これを知っておかないと、
間違った選択をしてしまう可能性があります。

前回の記事にも書きましたが、
シミの原因に合った対処法を取らないと
効果は期待出来ないと言うことです。


では、予防美白成分として効果があるのは
どの成分なのでしょうか・・・?

それは上記には記載されてませんが、
ホワイト377と言う成分です。


近年注目を集め、植物由来の原料なので
刺激が少なく、副作用なしの安全成分です。

予防美白に特に優れていて、
アルブチン、コウジ酸の22倍以上の
美白予防効果を持っています。

また、メラニン発生を防御する力が高いので
日焼け後のケアにも効果を発揮します。

header009b

そんなホワイト377は以下の化粧品に含まれています。

これで、すでに出来てしまったシミを消して、
これから先もシミが出来ないよう予防策を
取ることが出来ました。

では、本日は以上です!
ありがとうございました。

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す