シミ取りレーザー治療とは?効果は?費用は?


a0002_008691それでは、今回はシミ取り レーザー治療について記載していきます。

ただ、一概にレーザー治療と言っても、レーザー治療とは一体何なのか?費用は?どのくらい効果があるのか?とか色んな疑問が生じてくると思います。


そういった事を動画等を使って説明したいと思います。

では、まずはシミ取り レーザー治療とは何なのか?からです。

スポンサーリンク




 シミ取り レーザー治療とは?

早い話、レーザーを使って
顔のシミを焼き切ろうというものです。

レーザーをシミの部分に照射することで、
シミの元メラニン色素を焼き切ることが出来ます。

メラニン色素のみに反応するので、
他の正常な皮膚に影響はありません。


簡単な解説を動画でしているのでご覧下さい。

また、治療には多少の痛みが伴うようですね!

もちろん個人差があって
全く痛みを感じなかった人もいれば、
もう二度とやりたくないくらいの痛みを
感じる人もいるみたいです。

一般的には、輪ゴムを弾いたくらいの
痛みを感じるのだそうです。


治療法としては、
一回の照射でシミを取り除くのは難しいので
数回の照射が必要になってきます。


以下は、レーザー治療の進行過程です。

①レーザーの熱がメラニンを分解する
②照射部分が軽い火傷状態になる
③暫くすると、かさぶたになって剥がれ落ちる
④剥がれた直後はピンク色の皮膚だが
⑤徐々に周りの皮膚と同化していく


注意点としては、
①新しい皮膚が出来る前に
かざぶたが剥がれないようにすること。
②治療部分に紫外線を当てないこと。
(当てると色素沈着する可能性があります)
の2点です。


これを解決するために、絆創膏を貼ります。
(病院によっては貼らない所もあるとか)

では、次は効果についてです。

 レーザー治療って効果あるの?

実はレーザー治療と言うのは、
シミの種類によっては向き不向きがあるようです。

例えば、老人性色素斑には効くのですが
肝斑(かんぱん)に対しては
全くと言っていいほど効きません。

シミの種類についてはこちらの記事を参考にして下さい。


 また、出来たばかりのシミは
一回のレーザー治療で取り除けるようですが、
古いシミに対しては数回の治療が必要になります。

長年沈着したシミになると
皮膚の深いところ(5層6層など)にあるので
一番上の層から順番に焼いて行かないといけないからです。

かさぶたが取れて
ピンク色の皮膚が出てきて喜んでいると、
あくる日、次の層のシミが現れて
ガックリということも多々あるようです。


こういった事から、
シミがほぼ完全に消えるまで
約半年から一年くらいはかかるようです。

では、費用はいくらくらいかかるのでしょうか?

Sponsored Link





 レーザー治療 費用は?

基本的にレーザー治療の価格はシミの大きさで決まります。

保険は適応出来ないので
相場として5mm程度で一万円から一万五千円くらいと
考えておけばいいでしょう。

ただし、最近はレーザーの種類が増えているので
そのレーザーにより価格が違う場合もあります。


以下がその種類です。

Qスイッチルビーレーザー
Qスイッチアレキサンドレーザー
Qスイッチヤグレーザー


①のQスイッチルビーレーザーは
今から約20年前に誕生したレーザーで
肝斑以外のシミやソバカスの殆どに効きます。

価格は非常に良心的で1ショット千円前後です。
安いところだと250円からの病院もあります。


②のQスイッチアレキサンドレーザーは、
直接メラニン色素に反応するので
局所部分のレーザー治療に適しています。

価格は少々高めで、1ショット一万円前後のようです。


③のQスイッチヤグレーザーは
唯一肝斑の治療が出来るレーザーです。

価格は良心的で、1ショット千円から5千円くらいです。

実際は、病院とかクリニックによりマチマチなので
参考程度にして頂ければと思います。


あと、上記の動画でも言っていましたが
皮膚の深い層のシミはレーザー治療なのですが、
浅い層のシミはフォトフェイシャルという治療が有効です。

header009b

ご自分のシミの種類によって
有効な治療法が見つかりますので
レーザー治療をお考えの場合は
是非専門医のところへまずはご相談されて下さい。

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す