便秘原因とは?食べ物?弛緩性・直腸性・痙攣性便秘とは?


a0001_017411それでは、本日から便秘の原因について記載していきます。

ただ、一概に原因とは言っても男性・女性でも違いますし、そこに状況、生活習慣など様々な要因が絡んできます。

よって、便秘を解消しようと思えば、まずは自分の便秘の原因を知ることが解決への第一歩となります。

でもその前に、今一度、便秘の仕組みを学習しておきましょう。

スポンサーリンク





 便秘の仕組みとは?

通常、私達が食べた食物は、026
胃や小腸で消化されます。

そして、それが大腸に入り、
腸壁が伸び縮みする「蠕動運動(ぜんどううんどう)」により、出口である肛門のほうへ排出されます。


しかし、この蠕動運動が弱いと
便が大腸に留まり、
便秘の原因になってしまうのです。

更に、これが長時間になると
便の水分が大腸に吸収されてしまい
ますます便は硬くなり、出にくくなってしまいます。

簡単ですが、これが便秘の仕組みです。

これをしっかりとイメージにして、
脳裏に焼き付けておいて下さいね♫

それでは、あなたの便秘の原因を探ってみましょう!!!

最初は一般成人の便秘の原因についてお話します。

 腸の機能低下からくる便秘の原因とは?

まず、便秘の種類ですが、
大きく分けて以下の3つがあります。

①直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)
②弛緩性便秘(ちかんせいべんぴ)
③痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)


このの直腸性便秘ですが、
これは便意を我慢してしまうことから
起こります。

例えば、朝忙しいあまり
我慢したまま会社へ出勤とか・・

直腸まで便が降りてきてるのに
大腸までサインが届きにくい状態
なっているため生じる便秘です。

特徴として、こんな方が多いようです。


・朝食を抜く
・つい排便を我慢してしまう
・お肉が大好きで、便は固め
・便意を感じることが少ない


そしての弛緩性便秘ですが、
これは、蠕動運動が活発に行われないことが
原因で起こります。

例えば、ダイエットをする時に
運動なしで食事制限をしてしまったりすると・・・

大腸の筋力が弱くなっているので
同時に蠕動運動も弱くなります。

特徴として、こんな方が多いようです。


・普段から運動不足
・体型が痩せている
・食欲も少なく、あまり野菜を摂らない
・お腹が張っているのに便意がない


最後にの痙攣性便秘ですが、
これは男性に多い便秘とされています。

なぜなら、ストレスなどが原因となり
自律神経の働きに狂いを生じさせるからです。

具体的に言うと、
蠕動運動が活発になり過ぎることで
腸がケイレンを起こし、


更に、腸のところどころがクビレることで
便通に障害が起こります。

特徴として、こんな方が多いようです。


・便意があってお腹が痛い
・便秘と下痢を繰り返している
・ストレスが多い
・睡眠不足である
・便がコロコロしている

以上のことから、

①食生活の乱れ
②運動不足
③ストレス

が主な原因であることがわかります。


ちなみに、直腸性便秘、弛緩性便秘、痙攣性便秘
を合わせて機能性便秘と言います。

腸そのものに異常はないけど
機能低下がみられる便秘のことです。

では、異常が見られる場合もあるのでしょうか?


スポンサーリンク



 病気からくる便秘の原因とは?

あります。

それは器質性便秘と呼ばれるもので、
癌、ポリープ、炎症が原因で便秘になる場合です。

要は、病気などの影響で大腸が正常に働かなくなり、
排便がままならなくなるのです。

この場合は、腸自体に問題が発生しているため
自力解決出来ません。


機能性便秘のように
生活習慣を変えるといったレベル
では解決出来ないので
直ちに病院へ行って診察されることをオススメします。

症状としては

・便に血が混じっている
・便の形がいびつ(細かったり、平べったい)
・便の色が異常(黒、赤、灰色etc)
・吐き気、腹痛がある

・・・などがあります。


原因となる病気を上記で簡単に記載しましたが、
もう少し具体的に言うと以下です。

①大腸がん
②大腸ポリープ
③イレウス(腸閉塞)
④潰瘍性大腸炎
⑤子宮筋腫
⑥虫垂炎
⑦後腹膜腫瘍

「もしかすると!」と思われた方は要注意です。

以上が一般的と言われる便秘の原因ですが、
該当するものが見つかったでしょうか?

これがわかれば、次の対応策、解決策に進むことが出来ます。

header009a

では、最後にもう一度、
オリゴ糖を紹介しておきます。

腸内環境を最高の状態に保つのにはこれです!

これだけ安価で、これだけ効果が出るものは他にはありません。
ぜひ、活用して頂きたいと思います。

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す