便秘とは?種類ごとに原因と解消法を徹底解説してみた!


a0001_017411お腹が張ってちょ~苦しい!
べ、便が出ない~~~!!

もしかして、あなた便秘ですか?

便秘って苦しいですよね。出るものが出ないので、お腹ばかりが張って体も不調になってきます。

実は、私も過去にそんな便秘で悩んでいた一人だったんですよ。そこで、自分の経験を踏まえながらも、便秘の種類・原因・解消法について徹底的に調べてみました。

ただ、一概に原因とは言っても男性・女性でも違いますし、そこに状況、生活習慣など様々な要因が絡んできます。

よって、便秘を解消しようと思えば、まずは自分の便秘の原因を知ることが解決への第一歩となります。

では、いってみましょう~!!

スポンサーリンク




便秘の仕組みとは?

通常、私達が食べた食物は、胃や小腸で消化されます。便秘の仕組み

そして、それが大腸に入り、腸壁が伸び縮みする「蠕動運動(ぜんどううんどう)」により、出口である肛門のほうへ排出されます。


しかし、この蠕動運動が弱いと便が大腸に留まり、便秘の原因になってしまうのです。更に、これが長時間になると便の水分が大腸に吸収されてしまいますます便は硬くなり、出にくくなってしまいます。

簡単ですが、これが便秘の仕組みです。これをしっかりとイメージにして、脳裏に焼き付けておいて下さいね♫それでは、あなたの便秘の原因を探ってみましょう!!!

最初は一般成人の便秘の原因についてお話します。

腸の機能低下からくる便秘の原因とは?

まず、便秘の種類ですが、大きく分けて以下の3つがあります。

  1. 直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)
  2. 弛緩性便秘(ちかんせいべんぴ)
  3. 痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)



この①の直腸性便秘ですが、これは便意を我慢してしまうことから起こります。例えば、朝忙しいあまり我慢したまま会社へ出勤とか・・。直腸まで便が降りてきてるのに、大腸までサインが届きにくい状態になっているため生じる便秘です。

特徴として、こんな方が多いようです。

  • 朝食を抜く
  • つい排便を我慢してしまう
  • お肉が大好きで、便は固め
  • 便意を感じることが少ない



そして②の弛緩性便秘ですが、これは蠕動運動が活発に行われないことが原因で起こります。例えば、ダイエットをする時に運動なしで食事制限をしてしまったりすると・・・。大腸の筋力が弱くなっているので同時に蠕動運動も弱くなります。

特徴として、こんな方が多いようです。

  • 普段から運動不足
  • 体型が痩せている
  • 食欲も少なく、あまり野菜を摂らない
  • お腹が張っているのに便意がない



最後に③の痙攣性便秘ですが、これは男性に多い便秘とされています。なぜなら、ストレスなどが原因となり自律神経の働きに狂いを生じさせるからです。

具体的に言うと、蠕動運動が活発になり過ぎることで腸がケイレンを起こし、更に、腸のところどころがクビレることで便通に障害が起こります。

特徴として、こんな方が多いようです。

  • 便意があってお腹が痛い
  • 便秘と下痢を繰り返している
  • ストレスが多い
  • 睡眠不足である
  • 便がコロコロしている



以上のことから、

  1. 食生活の乱れ
  2. 運動不足
  3. ストレス

が主な原因であることがわかります。


ちなみに、直腸性便秘、弛緩性便秘、痙攣性便秘を合わせて機能性便秘と言います。腸そのものに異常はないけど機能低下がみられる便秘のことです。

では、異常が見られる場合もあるのでしょうか?


スポンサーリンク


病気からくる便秘の原因とは?

あります。

それは器質性便秘と呼ばれるもので、癌、ポリープ、炎症が原因<で便秘になる場合です。要は、病気などの影響で大腸が正常に働かなくなり、排便がままならなくなるのです。 この場合は、腸自体に問題が発生しているため自力解決出来ません。

 機能性便秘のように、生活習慣を変えるといったレベルでは解決出来ないので、直ちに病院へ行って診察されることをオススメします。

症状としては

  • 便に血が混じっている
  • 便の形がいびつ(細かったり、平べったい)
  • 便の色が異常(黒、赤、灰色etc)
  • 吐き気、腹痛がある

・・・などがあります。


原因となる病気を上記で簡単に記載しましたが、もう少し具体的に言うと以下です。

  1. 大腸がん
  2. 大腸ポリープ
  3. イレウス(腸閉塞)
  4. 潰瘍性大腸炎
  5. 子宮筋腫
  6. 虫垂炎
  7. 後腹膜腫瘍

「もしかすると!」と思われた方は要注意です。

以上が一般的と言われる便秘の原因ですが、該当するものが見つかったでしょうか?これがわかれば、次の対応策、解決策に進むことが出来ます。


次の章からは、3つの便秘の詳細を説明していきますね~ヽ(・∀・)ノ

便秘解消!直腸性便秘に効果的な方法とは?

a0001_017424が・・・これも、便秘のタイプ別に合った方法を行うことで、スムーズに排便が促されるようになります。

もちろん、すべてのタイプに共通する解消法もあるのですが、このタイプには何を優先すればいいのか?を見て頂ければと思います。

まず最初は直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)の解消法からです。

直腸性便秘を解消するには?

直腸性便秘の原因は「便意を我慢する」でした。我慢してしまうので、便意のサインが大腸まで届かない状態になり便秘になってしまいます。

ちなみに直腸性便秘について、医学博士の吉田たかよし先生は以下のように解説しています。

この動画でのポイントは

  1. 「食物繊維を摂らない」
  2. 「骨盤底筋を緩める」
  3. 「我慢しない」の3つです。

もちろん他にもポイントはありますが、それは後術ということで、まずは①の「食物繊維を摂らない」を見てみましょう!

その1. 食物繊維を摂らない

普通便秘解消というと、とにかく食物繊維の摂取をススメられます。

しかし、上の動画では直腸性便秘は、あくまで直腸(大腸の出口部分)の問題であり、結腸(大腸の入り口部分)をいくら刺激しても何の解決もならないので、食物繊維を摂らないことを推奨しています。


そう言えば、私自身が直腸性便秘の時に「オオバコ」と言う食物繊維の粉末サプリを摂ったことがあるのですが、あまり便が出なかった記憶があります。

これは「オオバコ」が悪いのではなく単に直腸性便秘に合っていなかったということです。ただ、食物繊維を摂ってはいけないというわけではないので、その辺は柔軟に対応して頂ければと思います。


そして次は②の「骨盤底筋を緩める」です。

その2. 骨盤底筋を緩める

この骨盤底筋が緊張状態にあるので、直腸に便が溜まってしまいます。ですので骨盤底筋を緩めてあげないといけないのですが、これってどうすればいいのでしょうか?

調べると、いろんなトレーニング法がネット上で紹介されていますが、私がお勧めするのは室内用トランポリンです。トランポリンを使うと簡単に便意が促されます。トランポリンにはしっかりと骨盤底筋を鍛える効果があるのです。


しかも、簡単で楽しいので続きます。また、リンパ液の流れも良くなるので一石二鳥なのです。

室内用のミニトランポリンだと安価ですし、音もうるさくありません。多少ギシギシとなりますが、マンションとかの集合住宅でも全然大丈夫です。

毎朝、1日5分程度でいいので、習慣にするようにしましょう!楽天で3000円くらいで販売されています。値段のわりには十分使えますよ^^

そして次がキモなのですが③の「我慢しない」です。

その3. 我慢しない

そもそも、なぜ我慢してしまうのでしょうか?

それは、忙しかったりといろんな理由があると思うのですが、称して言うと時間に余裕が無いからです。なので、根本的に解決しようと思えばこの部分から手を付けなくてはなりません。朝忙しい人はもう少し早起きしましょう!


30分早く起きることで朝食も摂れるし、朝食後にトイレに入る時間が出来ます。

最初は便意が無いかも知れませんが、それでもトイレに入って便座に座るだけで体のリズムが戻ってくるようになります。私達人間は、もともと朝排便するように出来ています。

また、このリズムを早くしようと思えば、テッシュを肛門にあてて摩することにより、その刺激が脳に伝わり便意が促されやすくなります。では、その他にはどんなことをすればいいのでしょうか?


スポンサーリンク



弛緩性便秘その他の解消法

ここでは、+アルファになる効果的なことを紹介します。

  1. 水分を多く摂る
  2. 腸内環境を整える

まず、①の水分を多く摂るですが、直腸性便秘の特徴として便の水分が少なくて硬いことが挙げられます。なので、水分を体に補充してあげなくてはなりません。しかし、水というのはほとんどが小腸で吸収されてしまい大腸まで到達しません。


そこで効果的な方法が、「ご飯を食べる」です。

もちろんご飯も胃腸で消化吸収されてしまいますが、残りカスが水分を含んだまま大腸に到達するので、便を柔らかくしてくれる作用があります。

 ただ、水自体も便通をよくするのに一役買っているので、普段から小まめに水分補給はしておきましょう。



そして、②の腸内環境を整えるですが、これはもう基本です。すべての便秘に関して基本になりますので、これは特に意識して欲しいところです。

効果が期待できるのは以下です。

  1. 納豆キムチなどの発酵食
  2. オリゴ糖



ここでビフィズス菌が入っていないのですが、ヨーグルトなどの乳製品は日本人の体質に合わないと言います。冷たい牛乳を飲んで下痢を起こす人は間違いなく乳製品を消化する酵素が少ないのです。


それより、古来から食している発酵食の方がはるかに日本人の体には有益とされています。


そして、すぐ効果が出るのがオリゴ糖です。オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになるので普段から、コーヒーなどは砂糖ではなくオリゴ糖に交換しておきましょう。

ただ、極端に摂取するとお腹が緩くなることもあるので、ほどほどの量に留めておくのがポイントになります。

弛緩性便秘 原因と効果的な解消法とは?

a0001_012479では、直腸性便秘に続き弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)の解消法を紹介します。

この弛緩性便秘の場合も、原因にあった解消法を行うことで、よりスムーズに対処出来るようになります。

間違っても、他のタイプの便秘の解消法を行なってはなりません。

では、さっそく弛緩性便秘解消法にはどんな方法があるのか見てみましょう。

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)の解消法とは?

弛緩性便秘の原因は、蠕動運動が活発に行われないでした。大腸の入口部分の結腸周りの筋力が弱まっているため、蠕動運動(ぜんどうんどう)が弱くなり、スムーズに排便されないのです。特に、もとより筋力の弱い老人とか妊娠後の女性に多い便秘とされています。


対策としては

  1. 運動で結腸周りの筋力を鍛える
  2. 結腸を刺激する
  3. 食事の改善をする

・・・などがあります。

一つずつみていきましょう。

まず、①の「運動で結腸周りの筋力を鍛える」とはどんな事をすればいいのでしょうか?

その1. 結腸周りの筋力を鍛える

これは、ジョギングとかウォーキングでも効果があります。走ったり、歩いたりすることで内臓が刺激を受け蠕動運動が起こりやすくなります。


ジョギングだと15分くらいでもいいのですが、ウォーキングは20分以上が目安です。

もし雨が降った場合などは、直腸性便秘の解消法でもお伝えした室内用ミニトランポリンの活用をオススメします。これは、骨盤底筋を鍛えるだけではなく腸全体を刺激してくれるので、とても効果的なのです。

しかも、リンパ液の流れも良くしてくれるので、一緒に老廃物も排出してくれます。

 1日5分間行うだけで効果が出てくるので、真剣に考えておられる方は一度試してみるのもいいかも知れません。



そして弛緩性便秘の場合はこれがキモになるのですが、結腸を直接刺激することが解消の大きなポイントです。

その2. 結腸を刺激する

この結腸ですが、食物繊維を摂ることでダイレクトに刺激することが出来ます。ただ、食物繊維とは言っても水溶性より不溶性の方がいいようです。不溶性は消化されないので、水分、他の老廃物を吸収しながら膨れ上がり大腸まで到達します。

 これにより、結腸が刺激を受け蠕動運動が活発になり、便意を促してくるようになります。

代表的な食物としては

  • バナナ
  • きのこ類
  • ひじき

などがあります。

が、私のオススメは玄米です。

玄米というと一昔前は「硬い」「食べにくい」と言われていましたが、最近の炊飯器には「玄米活性モード」がついていますので、それを使えばとても美味しい玄米が炊けます。


玄米には、とても優れた便秘解消効果があります。これを活用しない手はありません。ただ、老廃物と一緒に体に必要な「ミネラル」も体外に排出してしまう可能性もあるので、出来れば発芽玄米が良しとされています。

 普通の玄米を、4~12時間水に付けておくだけで発芽してきますので、これを行うことでミネラルを守ることが出来ます。

また、キムタクで有名になった?酵素玄米ご飯も有効です。

作り方はここでご覧になれます。

そして次は食事の改善についてです。


スポンサーリンク


その3. 食事の改善

腸内環境を正常に保つと言う意味で、食事の改善は必須になってきます。

これを行わないことには根本的な解消にはならないので、慢性的な便秘でお悩みの方は、ここで本気になって欲しいと思います。


食事の改善は上記で挙げたバナナ・きのこ類・ひじき・玄米など食物繊維系もありますが、ここでは発酵食をオススメします。

発酵食には以下があります。

  • 納豆
  • キムチ
  • ぬか漬け
  • 塩麹
  • 味噌
  • 甘酒

他にも、ヨーグルト、チーズなどがありますが、乳製品に関しては消化と言う観点から当ブログではオススメしていません。日本人には、日本古来からある発酵食が体に合うようです。


そして、かかせないのがオリゴ糖です。

何度も書いていますが、腸内環境を良くするということでは最強ではないでしょうか?

個人的にはヨーグルトの数十倍、ビオフェルミンなど薬品の倍近い効果があると思っています。これも即効性があるのでオススメです。

弛緩性便秘まとめ

最後にまとめとして以下をご覧下さい。

  1. 適度な運動で蠕動運動を活性化する
  2. 不溶性食物繊維で結腸を刺激する
  3. 普段から腸内環境を整えておく

弛緩性便秘の場合は、この3点に注意することで改善出来ます。

痙攣性便秘 症状と効果的な解消法とは?

便秘に悩む女性では、最後に痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)の解消法を記載したいと思います。

痙攣性便秘は、原因が直腸性便秘、弛緩性便秘と全く違うので、解消法も違う方法になります。

まず、痙攣性便秘の原因と特徴をもう一度見てみましょう!

痙攣性便秘の原因と特徴とは?

確か一番大きな原因はストレスでした。ストレスが原因になり、自律神経の働きを鈍らせてしまいます。

その結果、腸の蠕動運動(ぜんどうんどう)が活発になりすぎて、便秘と下痢を繰り返してしまいます。症状からすると、弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは逆のパターンですよね。なので、腸を刺激してはいけません!

 不溶性食物繊維も摂ると逆効果になりますし、間違ってもコーラックのような便秘薬を飲んではいけません。あれは、腸の蠕動運動を促す作用がありますから・・・。

では、解消するにはどうすればいいでしょうか?

痙攣性便秘の解消法とは?

解消法としては・・・

  1. リラックスする時間をとる
  2. 水溶性食物繊維を摂る
  3. 腸内環境を整える

・・・などがあります。


③の腸内環境を整えるだけは、他の便秘のパターンと同じなのですが、①と②は痙攣性便秘独特の方法と言えます。

一つずつ説明しますね。①の「リラックスする時間をとる」から行ってみましょう!

その1. リラックスする時間をとる

リラックスする時間を取るとは言っても意図的にリラックス出来るかがポイントです。

いくら時間を確保しても、リラックス出来なければ意味がないので、しっかりと戦略を立てて行動する必要があります。

  • 時間帯はいつがいいのか?
  • 何分くらいがいいのか?
  • どんな方法でリラックスするのか?

これを考えていきましょう。



まず、時間帯ですが、これは朝起きたてがベストです。寝起きは副交感神経が優位に働いているので、何も考えなくてもリラックス出来ます。


時間30分くらいでオッケーでしょう。おそらく30分もすると副交感神経優位から交感神経優位に変わってると思うからです。

そして方法ですが、出来れば何もせず、ただぼ~っとする時間を過ごして頂きたいと思います。TVもつけてはいけません。朝の静けさを楽しんで下さい。

これを毎日続けるだけで、1日が全く違ったものに感じるはずです。私も友人にこの方法を教えたのですが、その効果に凄くびっくりしていました。


ただ、時間がないと言う人が多いと思うのでそんな方はあと30分早起きして下さい。

 この朝の30分を過ぎると、人間の体は交感神経が優位に働くので活発性が増し、リラックスしづらくなります。

では、②の水溶性食物繊維を摂るに進みましょう!


スポンサーリンク

その2. 水溶性食物繊維を摂る

水溶性の食物繊維にはどんなものがあるのでしょうか?

簡単に以下に挙げておきます。

  • 寒天
  • コンニャク
  • おくら
  • ワカメ
  • ドライフルーツ・・・etc

もっと知りたい方はyahooで「水溶性食物繊維の多い食品」と打ち込んで検索してみて下さい。カロリー付きで、たくさんの食品が出てきます。


この水溶性食物繊維ですが、水に溶けることでゼリー状になって膨らむので、腸に負担をかけることなく排便することが可能になります。間違っても不溶性食物繊維は摂らないで下さいね♬

不溶性食物繊維を摂ってしまうと不要な刺激を与えてしまうので腸の痙攣がひどくなってしまうケースがあります。

 なので、便秘を解消する運動も変に腸を刺激することに繋がるので、控えたほうが懸命でしょう。ストレスを解消する運動も結局は腸を刺激してしまいます。

そして、③の「腸内環境と整える」に進みます。

その3. 腸内環境を整える

もう便秘の基本中の基本です。これが出来ていないと何度でも便秘になってしまいます。肌は荒れるし、良いことはありません。同じ事を繰り返さないためにもここでしっかりと腸内環境を整えておきましょう!

超重要なので、何度でも言いますが、私の個人的な意見ではオリゴ糖がベストです。

便秘の環境を整えるオリゴ糖

これほど安価で効果のあるものはありません。まだ体験したことが無い方は、ぜひ実践し体感してみて下さい。

 日に日に便の色が健康的な「明るい黄褐色」になっていきます。

痙攣性便秘の場合は他に「にんにく」も効果があります。にんにくは、水溶性食物繊維を豊富に含んでいますし、腸内の善玉菌を増やしてくれる作用があります。毎日とは言いませんが、出来るだけオリゴ糖とにんにくを使った料理を作ってみましょう。

痙攣性便秘まとめ

最後にまとめとして以下をご覧下さい。

  • 朝の30分早く起きて、リラックスタイムを作る
  • 水溶性食物繊維だけを摂る
  • 不溶性食物繊維は摂らない、運動も控える
  • オリゴ糖、にんにくで腸内環境を整える

痙攣性便秘の場合は、この4点に注意することで改善出来ます。上手く自分の生活に取り入れて下さいね♬


以上で、便秘の種類と原因・解消法についての説明を終わります。

あなたの便秘解消を応援しています。
ありがとうございました。

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す