便秘解消!直腸性便秘に効果的な方法とは?


a0001_017424便秘の原因が分かったところで、次は解消法です。

が・・・これも、便秘のタイプ別に合った方法を行うことで、スムーズに排便が促されるようになります。

もちろん、すべてのタイプに共通する解消法もあるのですが、このタイプには何を優先すればいいのか?を見て頂ければと思います。

まず最初は直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)の解消法からです。

スポンサーリンク




 直腸性便秘を解消するには?

直腸性便秘の原因は「便意を我慢する」でした。

我慢してしまうので、
便意のサインが大腸まで届かない状態になり
便秘になってしまいます。

ちなみに直腸性便秘について
医学博士の吉田たかよし先生は以下のように解説しています。

この動画でのポイントは
①「食物繊維を摂らない」
②「骨盤底筋を緩める」
③「我慢しない」です。

もちろん他にもポイントはありますが、
それは後術ということで、
まずはの「食物繊維を摂らない」を見てみましょう!

 「食物繊維を摂らない」とは?

普通便秘解消というと、
とにかく食物繊維の摂取をススメられます。

しかし、上の動画では直腸性便秘は、
あくまで直腸(大腸の出口部分)の問題であり、

結腸(大腸の入り口部分)を
いくら刺激しても何の解決もならないので
食物繊維を摂らないことを推奨しています。


そう言えば、私自身が直腸性便秘の時に
「オオバコ」と言う食物繊維の粉末サプリを
摂ったことがあるのですが、
あまり便が出なかった記憶があります。

これは「オオバコ」が悪いのではなく
単に直腸性便秘に合っていなかったということです。

ただ、食物繊維を摂ってはいけない
というわけではないので
その辺は柔軟に対応して頂ければと思います。

そして次はの「骨盤底筋を緩める」です。

 「骨盤底筋を緩める」とは?

この骨盤底筋が緊張状態にあるので
直腸に便が溜まってしまいます。

なので、
骨盤底筋を緩めてあげないといけないのですが
これってどうすればいいのでしょうか?

調べると、いろんなトレーニング法が
ネット上で紹介されていますが
私がお勧めするのはこれです。

トランポリンを使うと簡単に便意が促されます。

トランポリンにはしっかりと
骨盤底筋を鍛える効果があるのです。


しかも、簡単で楽しいので続きます。

また、リンパ液の流れも良くなるので
一石二鳥なのです。

室内用のミニトランポリンだと
安価ですし、音もうるさくありません。

多少ギシギシとなりますが、
マンションとかの集合住宅でも全然大丈夫です。

毎朝、1日5分程度でいいので、
習慣にするようにしましょう!

そして次がキモなのですがの「我慢しない」です。

 「我慢しない」ってどういうこと?

そもそも、なぜ我慢してしまうのでしょうか?

それは、忙しかったりと
いろんな理由があると思うのですが、
称して言うと、時間に余裕が無いからです。

なので、根本的に解決しようと思えば
この部分から手を付けなくてはなりません。

ですから、朝忙しい人は
もう少し早起きしましょう!


30分早く起きることで
朝食も摂れるし、
朝食後にトイレに入る時間が出来ます。

最初は便意が無いかも知れませんが、
それでもトイレに入って便座に座るだけで
体のリズムが戻ってくるようになります。

私達人間は、もともと朝排便するように出来ています。

また、このリズムを早くしようと思えば、
テッシュを肛門にあてて摩することにより、
その刺激が脳に伝わり便意が促されやすくなります。

では、その他にはどんなことをすればいいのでしょうか?


スポンサーリンク




 その他

ここでは、+アルファになる効果的なことを紹介します。

①水分を多く摂る
②腸内環境を整える

まず、の水分を多く摂るですが、
直腸性便秘の特徴として、
便の水分が少なくて硬いことが挙げられます。
なので、水分を体に補充してあげなくてはなりません。

しかし、水というのはほとんどが
小腸で吸収されてしまうので大腸まで到達しません。


そこで効果的な方法が、「ご飯を食べる」です。

もちろんご飯も胃腸で消化吸収されてしまいますが、
残りカスが水分を含んだまま大腸に到達するので
便を柔らかくしてくれる作用があります。


ただ、水自体も便通をよくするのに
一役買っているので
普段から小まめに水分補給はしておきましょう。


そして、の腸内環境を整えるですが、
これはもう基本です。

すべての便秘に関して基本になりますので
これは特に意識して欲しいところです。

効果が期待できるのは以下です。

①納豆キムチなどの発酵食
②オリゴ糖


ここでビフィズス菌が入っていないのですが、
ヨーグルトなどの乳製品は
日本人の体質に合わないと言います。

冷たい牛乳を飲んで下痢を起こす人は
間違いなく乳製品を消化する酵素が少ないのです。


それより、古来から食している発酵食の方が
はるかに日本人の体には有益とされています。


そして、すぐ効果が出るのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになるので
普段から、コーヒーなどは砂糖ではなく
オリゴ糖に交換しておきましょう。

ただ、極端に摂取するとお腹が緩くなることもあるので、
ほどほどの量に留めておくのがポイントになります。

header009a

では、本日は以上です。
次回は弛緩性便秘の解消法について記載します。

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す