痙攣性便秘 症状と効果的な解消法とは?


¹0È0ì0Ã0Á0’0Y0‹0sY'`では、最後に痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)の解消法を記載したいと思います。

痙攣性便秘は、原因が直腸性便秘、弛緩性便秘と全く違うので、解消法も違う方法になります。

まず、痙攣性便秘の原因と特徴をもう一度見てみましょう!

スポンサーリンク




 痙攣性便秘の原因と特徴とは?

確か一番大きな原因はストレスでした。

ストレスが原因になり、
自律神経の働きを鈍らせてしまいます。

その結果、腸の蠕動運動(ぜんどうんどう)が
活発になりすぎて、便秘と下痢を繰り返してしまいます。


症状からすると、弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)とは
逆のパターンですよね。

なので、腸を刺激してはいけません!


不溶性食物繊維も摂ると逆効果になりますし、
間違ってもコーラックのような便秘薬を
飲んではいけません。

あれは、腸の蠕動運動を促す作用がありますから・・・。

では、解消するにはどうすればいいでしょうか?

 痙攣性便秘の解消法とは?

解消法としては・・・

①リラックスする時間をとる
②水溶性食物繊維を摂る
③腸内環境を整える

・・・などがあります。


③の腸内環境を整えるだけは、
他の便秘のパターンと同じなのですが、
①と②は痙攣性便秘独特の方法と言えます。

まず、①の「リラックスする時間をとる」から
行ってみましょう!

 リラックスする時間をとるには?

Ù0Ã0É0n0Ng0J06ƒ’0ò˜€0sY'`リラックスする時間を取るとは言っても意図的にリラックス出来るかがポイントです。

いくら時間を確保しても、リラックス出来なければ意味がないので、しっかりと戦略を立てて行動する必要があります。


時間帯はいつがいいのか?
何分くらいがいいのか?
どんな方法でリラックスするのか?

これを考えていきましょう。


まず、時間帯ですが、
これは朝起きたてがベストです。

寝起きは副交感神経が優位に働いているので
何も考えなくてもリラックス出来ます。


そして時間ですが30分くらいで
オッケーでしょう。

おそらく30分もすると
副交感神経優位から交感神経優位に
変わってると思うからです。

そして方法ですが、
出来れば何もせず、ただぼ~っと
する時間を過ごして頂きたいと思います。

TVもつけてはいけません。
朝の静けさを楽しんで下さい。

これを毎日続けるだけで
1日が全く違ったものに感じるはずです。


ただ、時間がないと言う人が多いと思うので
そんな方はあと30分早起きして下さい。


この朝の30分を過ぎると
人間の体は交感神経が優位に働くので
活発性が増し、リラックスしづらくなります。

では、②の水溶性食物繊維を摂るに進みましょう!


スポンサーリンク


 水溶性食物繊維を摂るには?

水溶性の食物繊維にはどんなものがあるのでしょうか?

簡単に以下に挙げておきます。

・寒天
・コンニャク
・おくら
・ワカメ
・ドライフルーツ・・・etc

もっと知りたい方はyahooで
「水溶性食物繊維の多い食品」と打ち込んで
検索してみて下さい。
カロリー付きで、たくさんの食品が出てきます。


この水溶性食物繊維ですが、
水に溶けることでゼリー状になって膨らむので
腸に負担をかけることなく
排便することが可能になります。

間違っても不溶性食物繊維は摂らないで下さいね♬

不溶性食物繊維を摂ってしまうと
不要な刺激を与えてしまうので
腸の痙攣がひどくなってしまうケースがあります。



なので、便秘を解消する運動も
変に腸を刺激することに繋がるので
控えたほうが懸命でしょう。

ストレスを解消する運動も
結局は腸を刺激してしまいます。

そして、の「腸内環境と整える」に進みます。

 腸内環境を整える?

もう便秘の基本中の基本です。

これが出来ていないと何度でも
便秘になってしまいます。

肌は荒れるし、良いことはありません。

同じ事を繰り返さないためにも
ここでしっかりと腸内環境を整えておきましょう!

超重要なので、何度でも言いますが
私の個人的な意見ではオリゴ糖がベストです。

これほど安価で効果のあるものはありません。

まだ体験したことが無い方はぜひ実践し体感してみて下さい。


日に日に便の色が
健康的な「明るい黄褐色」になっていきます。

痙攣性便秘の場合は他に
「にんにく」も効果があります。

にんにくは、水溶性食物繊維を豊富に含んでいますし
腸内の善玉菌を増やしてくれる作用があります。

なので、毎日とは言いませんが、
出来るだけオリゴ糖とにんにくを使った料理を作ってみましょう。

 まとめ

header009a

最後にまとめとして以下をご覧下さい。

①朝の30分早く起きて、リラックスタイムを作る
②水溶性食物繊維だけを摂る
③不溶性食物繊維は摂らない、運動も控える
④オリゴ糖、にんにくで腸内環境を整える

痙攣性便秘の場合は、
この4点に注意することで改善出来ます。

上手く自分の生活に取り入れて下さいね♬

あなたの便秘解消を応援しています。
では、本日は以上です。

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す