日中 睡魔を根本から撃退する方法とは?


k8O’0Y0‹0sY'`それでは、睡魔撃退法の前回の続きを行います。

テーマは自己解決できる睡魔の撃退法なので、病気が原因の場合は速やかに医師へ相談されることをオススメしています。

前回、②自律神経の乱れが原因の場合だったので、今回は③睡眠不足④疲れ⑤食事が原因で起こる睡魔について記載して行きます。

スポンサーリンク



 睡眠不足が原因の睡魔撃退法とは?

そもそも、睡眠不足だと眠くなるのは当たり前の話で
睡魔が嫌ならもっと寝たらエエやん!って事なのですが・・・

現代人はやることが多すぎて
取りたくても、思うように睡眠時間が取れないのです。

なので、起きている間にいかに
睡魔に打ち勝って行動的になれるかが鍵です。

ただし、睡眠不足とはいっても
単発的な場合と慢性的な場合があります。

単発的な場合は、
結構コーヒーなどのカフェイン系も効きますし、
軽い運動なども刺激があるのでオススメです。

早い話、ちょっとした工夫でどうにでもなります。

しかし、大変なのは慢性的な睡眠不足の場合です。

この場合は、普段の疲れやストレスが抜けきれず
溜まる一方なので、少々のことでは効き目がありません。


こんな時には変に小細工をするよりも
睡眠の質を上げてやることです。

では、どうすれば睡眠の質は上がるのでしょうか?

以下をご覧下さい。

①枕、ベッドを良質なものに変える
②就寝前にサプリメントで栄養を摂る
③可能な限り、部屋を暗くする
④安眠マスク・耳栓をする

まず、ですが、これはよく言われる事なので
ご存じの方も多いと思います。

日本を代表するオリンピック選手も、
ロンドン五輪の時にはマイマット(ベッド)を持参で
選手村に行ったと言う話も聞きます。

それだけ、枕、ベッドと言うのは睡眠の質を左右します。

そしてですが、
実は就寝前にマルチビタミンなどのサプリメントを摂ると、
眠っている間に自分の体のメンテナンスを行なってくれます。

サプリメントは食べ物ではないので、
体が消化しようと働きかけることもないですし、
簡単にお試し出来ることも大きなポイントです。

やってみれば分かりますが、朝の目覚めが違います。

お次はです。
これは人間の体の仕組みから言われていることです。

実は人間の体は、寝ている間でも
わずかな光に反応しています。

ほんのわずかでもです!

なので、黒の遮光カーテンを張り巡らし、
光が漏れないようにカーテンの端をガムテープ等で止めます。

こうすることで、熟睡出来るようになると言います。

また、にも通じていることなのですが、
聴覚も当然、眠っていても機能しているので
わずかな音が睡眠を妨げてると言います。

別にここまでするとこないんじゃない?
と思われた方はしなくてもいいのですが、
やれば効果は抜群だそうです。
(目覚ましが聴こえなくなるので注意も必要です)


以上が睡眠不足での対策になるのですが、
これを行った上で、場合によってはコーヒーなどの
カフェイン系を摂ってみてはいかがでしょうか?

ガムでもいいかも知れません。

それでは、次は疲れが原因の場合です。

 疲れが原因の睡魔撃退法とは?

これも、当然と言えば当然ですよね!

みんなが子供の頃から体験しています。

ですので、
出来れば15分程度の仮眠が取れればベストです。

しかし、それが出来ない場合もありますし、
仮眠せずに疲れを取る方法もありますので、
そちらをご紹介します。

また、肉体的な疲労、精神的な疲労に関わらず、
効果がある方法なので試されるといいと思います。

それは・・・

タンパク質とクエン酸の摂取です。

スポーツ選手はスポーツ医学が発達した現在でも
プロテインとクエン酸を摂り続けています。

それは、効果があるからです。

プロテインは運動によって壊れた細胞を
修復してくれます。

クエン酸はクレブス回路により
疲労を回復してくれますし、
体液をアルカリ性に傾ける働きをもっているので
ストレス解消にも効果があります。

ちなみにストレスが溜まっている時、
人間の体液は酸性に偏っています。

逆にリラックスしている時には
アルカリ性に偏っています。

ポイントは
市販のクエン酸入りジュースを買うのではなくて
自分でクエン酸ドリンクを作ることです。

市販のドリンクは飲みやすさを重視しているので
効果がほとんどありません。

自分で、クエン酸を調達してきて
少し濃い目で作ることがミソです。

逆に自分で作ると、あまりに安価で出来るので
市販品を買うことが馬鹿らしくなってきます。

あと、+αでビタミンCを補強するのもいいと思います。

とにかく、疲労が原因の場合は
栄養補給が大きなポイントです。

そして夜はぐっすり寝る!これがベストです。

あと、食事が原因の場合が残っているのですが、
またまた長くなってしまいましたので、
本日はこの辺にしたいと思います。

食事が原因の睡魔撃退法は、次回で特集しますので、
ぜひお楽しみにしていて下さい。

ではでは~♫

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す