C型肝炎とは?症状は?原因は?B型肝炎との違いは?


a0800_000677昔と比べると、多少なりとも治療法が確立されてきたC型肝炎ですが、まだまだ苦しんでいる患者は多く、その治療には根気が必要になります。

芸能人でも感染している方がいて、先日、ミュージシャンの小室哲哉さんがc型肝炎の治療を受けていることを発表したばかりです。

本日は、そんなC型肝炎がどんな病気なのか?どんな症状があるのか?などを、わかりやすく解説していきます。

では、最初にC型肝炎とはどんな病気なのかを知っておきましょう!!

スポンサーリンク



 C型肝炎とは?

一言でいうと、C型肝炎ウイルスHCVの感染で起こる
肝臓の病気です。

ウイルスに感染した肝臓は、
炎症を起こし、そのまま細胞が壊れ
肝臓としての役割を果たせなくなります。

肝臓には以下の働きがあります。

・エネルギーの代謝
・栄養素の貯蔵
・解毒作用
・血中コレストロール濃度の調整

つまり、こう言った機能が失われ、

・体がだるい
・疲れやすい
・食欲がない
・発熱、頭痛、悪心

など、風邪のような症状が現れ始めます。

そしてそのまま、
慢性肝炎 肝硬変 肝がん
へと進行していくのです。

昔は難病指定されていましたが、
現在はウイルスが原因であることが分かったため、
難病指定から外されインターフェロンによる
治療が行われるようになりました。

このインターフェロンの登場により
完治の可能性も出てきたのですが、
すべての患者に効くわけではないので
注意が必要になってきます。

以下に動画もありますので、ご覧下さい。

ざっと言うとこんな感じなのですが、
一概に肝炎と言っても種類は他にもあります。

 肝炎の他の種類とは?

実は、肝炎にはC型以外にも、
A型、B型、D型、E型、G型、TT型肝炎とあります。

この中でも、とりわけ多いのは
A型とB型、C型になります。

しかし、上記の動画でも説明しているとおり
A型は感染ルートが経口感染であるため
発症しても一過性で終わることが多いのです。

と言うことは、たちが悪いのは
B型とC型と言うことになりますよね!

日本では、肝臓病の約80%がウイルス性疾患である
と言われています。

しかも、そのうちC型肝炎の割合は約75%
B型肝炎の割合は約20%
そのほとんどを占めています。

では、そのB型とC型はどう違うのでしょうか?

 B型肝炎とC型肝炎との違いは?

ズバリ!ウイルスの種類の違いです。

B型肝炎はDNAウイルス
C型肝炎はRNAウイルスです。

どう違うのかは、
かなり専門的な話になるので避けますが、
犬と鶏くらいの違いがあるようです。

また、インターフェロンの効き方にも違いがあり、
C型肝炎の場合はウイルスを根絶することが可能ですが、
B型肝炎の場合はそれが不可能になります。

つまり、血液中からウイルスが検知されなくなっても
肝臓にはウイルスが残っているのです。

ただし、
ウイルスが原因で肝臓が悪化し死亡する割合は、
C型肝炎の方がB型肝炎の4倍になります。


これは、C型肝炎の方がゆっくりと進行するため、
発病に気づきにくく、
気がついた頃には慢性肝炎になっているからです。

ほとんど自覚症状なしに進行するのが
C型肝炎の特徴です。

発ガンに関しても、
C型肝炎が60歳以降で発生する確立が多いのに対し、
B型肝炎はわずか30歳くらいで発生する
場合があるようです。

では、どうして、ウイルスに感染してしまうのでしょうか?

 C型肝炎の原因は?

原因はウイルスなので、感染経由があるはずです。

それが以下になります。

①HCVウイルスが混入した血液からの輸血
②注射器
③出産の時止血剤として使用する血液製剤

①の輸血ですが、
HCVウイルス自体が初めて発見されたのが1988年なので、
それ以前は血液にウイスルが混入していたことさえ
知らなかったことになります。
(感づいてはいても証明出来なかった)

よって、
手術、出産の際に感染したと考えられます。

そして②の注射器ですが、
昔は、同じ注射器を消毒して使い回ししていました。
(現在はWHOの警告で、使い捨て注射器になっています)

なので、この消毒が不十分だったりすると、
感染の原因になってしまいます。

昔は自分の血液を売る人も多かったので、
これが感染ルートになっているようです。

084最後に③ですが、
この血液製剤が大問題になった「フィブリノゲン」です。

1964年発売当時は非加熱であったためHCVウイルスが混入していたようです。

これは、1988年に加熱済みのフィブリノゲンに替わるまで使用されていたので、大量にC型肝炎患者が増えてしまったのです。

国と国の医療機関が責任を問われました。

以上が主な感染原因です。

ちなみに私のドラムの先生も
C型肝炎が原因でお亡くなりになりました。

数多くのプロドラマーを世に送り出した方でしたが、
常にC型肝炎には悩まされ続けていました。

思い出す度に涙がこぼれてきます。

本日は以上です。

ありがとうございました!!

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

3件のコメント

  • 匿名

    C型肝炎へ病気を引き起こす原因は国の医療機関によること厚生省が患者を救済すべきです。患者自身の苦悩・家族の悲しみを理解することが早い解決への近道です。一刻もカルテがない患者も平等に解決して下さい。不公平な結果が救済をおくらせています。命の大切が1日1日秒ごとに経過します。
    どうか他人事と考えず真剣に早急に治療の全面免除も含め検討すべきです。治療費は本人家族に負担です。死亡された本人家族への補償を過去をたどり検討してください。

    • 管理人

      貴重な情報と意見、ありがとうございます。

  • 菊池昭雄

    貴重な情報を提供していただきましてありがとうございました。

コメントを残す