梅干しの作り方!超簡単!動画&画像で解説


a0790_000844本日は、梅干しの作り方を動画&画像でわかりやすく解説してみました。

市販の梅干しでも悪くはないのですが、出来れば自宅で作れるようになると何かと便利です。


では、作るにあたって、どういったところに注意すれば、美味しい梅干しが簡単に出来るのでしょうか?

まずは、梅干しの効能からご覧下さい。

スポンサーリンク





 梅干しの効能とは?

昔から「梅干し食べれば医者いらず」と言います。

これは、梅干しに含まれているクエン酸
人間の体に効果的に作用するからです。

私達のエネルギーになっている栄養素というと
グリコーゲンが有名なのですが、
このグリコーゲンが消耗されると、
乳酸という疲労物質が溜まり疲れます。



この乳酸を蓄積を防ぎ、タンパク質、デンプン、
脂質等を効率よくエネルギーに変換してくれるのが
クエン酸です。

確か、中学だったか高校生くらいで
「クレブス回路」というのを習いませんでしたか?

それが、上記のクエン酸を使ったエネルギー変換システムです。


要は、人間の体はクエン酸の力で
効率よくエネルギーを生産することが出来ると言うことです。


また、梅干しは殺菌効果があることでも有名です。

これは、ベンズアルデヒドという成分の力で、
お弁当に梅干し一個入れておくだけで防腐効果を発揮してくれます。

このように、たくさんの効能がある梅干しですが、
これを自宅で作らない手はありません。

では、早速作り方にいってみましょう!!



 梅干しの簡単な作り方とは?

準備するものは以下です。

・完熟梅5キロ
・粗塩1キロ
・殺菌した保存容器
・重し用ペットボトル
・焼酎200cc
・シソの葉3束
・生姜


保存容器の殺菌の仕方ですが、
熱湯殺菌してもいいですし、
焼酎で拭くのも殺菌効果があります。

①水につけてアク抜きをする
完熟梅は必要ありませんが、
青いモノは約2~4時間程度です。
003
②アク抜きが終わったら、ザルに上げて下さい。
そして、天日干しにして乾かします。
005
③焼酎をかけてカビの発生を防ぎます。
粗塩の量が少なくなればなるほど、カビは発生しやすくなります。
006
④梅5キロに対し、粗塩1キロを入れ混ぜます。
それを保存容器に移します。
007008
⑤ペットボトルで重石を作って上から乗せる。
約1~2日で、梅酢が上がってきます。
009
⑥一週間たった頃、シソの葉を購入し、
よく洗った後、粗塩を振りかけて揉み、更に白梅酢も掛けて揉む。
014
⑦漬けている梅の上から⑥を乗せ、粗塩を掛ける。
016
⑧一般的には梅雨明けに天日干しにします。
風通しのよい所で行うとベストです。
晴天の場合は、大粒で2日、中粒で1日半を目安にひっくり返す。
更に、1~2日干す。
019
⑨塩漬けする前の半分くらいの重さになれば完了です。
そのまま、ツボなどに入れ、冷暗所で保管する。



また、漬け込みの前に焼酎で洗っていますので、
カビが生えることは無いと思いますが、
一応、対応策を記載しておきます。


スポンサードリンク




 梅干しの作り方 注意点は?

やはり、一番注意しないといけないのはカビの発生です。


原因は、塩分が少ないことです。

ですが、普通18~20%も濃度があれば
カビは発生しません。


しかし、万が一発生した場合は以下の方法をお試し下さい。

①取り出した梅を焼酎で消毒し、
ヒタヒタになるくらいの焼酎に漬けなおす。

②ホワイトリカーで消毒し、粗塩を追加する。

①も②も共に効果があることがわかっていますが、
基本的に上記の動画では
カビ発生に強い作り方をしているので
さほど心配する必要はないと思います。

ただ、市販の梅干しと違い、自家製はかなり塩っぱいです。

なので、食べる時には、いる分だけ水に浸けておきます。



一晩も浸ければ十分減塩できますが、
コツとしては水の中に、
一つまみほどの塩を入れておくことです。



 はちみつ漬け梅干しの作り方

せっかくここまで来たので、
はちみつ漬け梅干しの作り方も記載しておきます。


はちみつ漬け梅干しは、
上記の塩抜きまでは同じです。

①塩が抜けた梅干しに砂糖をかけ一晩おきます。
②翌日に、出た水分を除きます。
③ ②の残りに蜂蜜をかけ、更に2~3日置いておくと
はちみつ漬けが出来上がります。

酸っぱいのが苦手な方は、ぜひお試し下さい。

また、どうしても自作が苦手な方は以下を使うと良いかもしれません!

グルメの方にはこんなものもありました。

では、本日は以上です。

ありがとうございました!!

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す