ストレス耐性を本気で高めるためのステップ!

Pocket


exit-aircraft_2181530ストレス耐性を高めたい!

頭では分かっていても、実際そう上手くはいかないのが人間です。実際にストレス耐性が弱い人は人は、単純にストレス耐性が強い人の共通点を取り入れていけばいいのですが、それがすぐに出来れば誰も苦労はしないんです。

すぐには出来ないから悩むんです。恐らく大部分の方がそうなのではないでしょうか?

なので、当ブログではメンタル面だけではなく、さまざまな部分にフォーカスを当てて解説したいと思います。

スポンサーリンク




ストレス耐性を高める基本とは?

前回の記事で、ストレス耐性は強くするというより、どんなふうに付き合っていくのか?と考えることが大切だと書きました。

それは、ストレス耐性を根性と気合で強くしても、油断してると再び弱くなってくるし、結局はその繰り返しになるからです。そんな疲れるものは続きません。

ですので、ここは考え方を一新し、ストレスと上手に付き合う方法を考えたほうが後々良い結果を生みます。



ここで、あなたに理解して頂きたいことは、ストレスは人間にとって必要なものだから無くなることは永遠にないという事実です。

ストレスは私たち人の心を刺激してきます。でも、もしこれが無くなると大変なことになるんですよ~。

たとえば、会社で係長から役職なしに格下げされてしまった。しかし、もともとストレスがないので、そうなっても平気だったりします。給料を今までの半分に下げられても平気だったりします。



そうなんです。人間はストレスを感じるから、それを回避しようとする心が生まれるんです。つまり、ストレスを感じられなければ人としての進歩進化が止まってしまうんですね!だからストレスは必要なんです。

MS251_imayaraduituyaru500-thumb-667x500-2618これを聞いて、どう感じましたか?

ここで注意点なのですが、この言葉に反応してはいけません。反応ではなく、対応するのです。

反応と言うのは、「なんやそれーっ!!」とか「勘弁して欲しいわ!!」と言った感情的な部分です。


しかし、対応と言うのは「じゃあ、どうしたらいいの?」「だったら逃げないで、受け入れよう」といった解決策に発展するものです。

反応も対応も一時的にはストレスを感じますが、対応は次第にストレスが薄れていきます。だって、解決の方向に進むということは、心が軽くなっていくことを意味するからです。


対し、反応はその事実を思い出す度にストレスが溜まっていきます。自分の心のなかで消化できていないので、嫌な記憶が無くならないからです。

なので、本当の意味でストレス耐性を高めようと思えば、ストレスを受け入れることから始めなければなりません。それと、もう一点重要な要素が隠されています。

それは、「逃げない」と言うことです。

ストレス耐性を高めるのに重要な「逃げない」とは?

ストレスは、逃げても逃げても追いかけてきます。一つのストレスから逃げても、新しいストレスが次々に生まれてくるからです。

ここから、逃げることには意味が無いのが分かりますよね~ヽ(・∀・)ノ

じゃあ、逃げなければどうなるのか?

あまりのストレスで気が狂いそうになったりしないか、心配になってしまいます。実は、逃げないことがストレスをコントロールする一番の特効薬なんですよ。

別名、「覚悟を決める」ともいいます。



これは、ストレスを飛び越えて恐怖にまで及んでしまう話なのですが、以下のストーリーをご覧下さい。

あなたは、前々から興味のあったスカイダイビングにチャレンジすることに決めました。

しかし、本番になると足がすくんで飛行機から飛び降りることが出来ません。高度4500メートルの上空で、 心臓がバクバクなってる上に、体は硬直状態です。顔は真っ青になって、もう恐怖しか感じていません。

まさしく、プレッシャーと強烈なストレスを一緒に感じている状態です。どうします?飛び降りますか?


あなたは意を決して飛び降りることにしました。インストラクターも後ろについてますし、決断できるとあとは即行動!ダイビングスタートです。



ここで質問です。

ダイビング中、あなたはストレスを感じているでしょうか?


たぶん、感じていないですよね^^

私もスカイダイビングの経験は無いのですが、他の経験から理解出来ます。一旦飛び降りてしまえば、ストレスを感じる暇はありません。


ストレスを感じるのは、飛び降りるまでです。つまり、飛び込むと決断した瞬間から、ストレスはストレスでなくなっているんです。あとは、ダイビングを熟すだけで精一杯のはずなので。

分かりますよね?これが逃げないことが重要であるという意味です。逃げずに真正面から受け止めると、ストレスは軽減されます。場合によっては、消えて無くなることすらあるのです。



それプラス、ポイントは反応ではなく対応することです。長くなりましたが、これが基本だと思います。これが出来れば、怖いものは何もありません。


ただし、現実問題として、ストレスに弱い人がいきなり飛び込めと言われても、無理な場合も多かったりします。飛行機に乗ることすら出来ない。この場合は、「小さく試す」ことをオススメします。


スポンサーリンク



ストレス耐性を高めるための第一歩とは?

普段の生活の中で、自分の中で多少の不可を感じる程度のことからでいいと思います。

自分が嫌いな店員がいるコンビニで、あえて買い物をしてみる。もちろんストレスを感じると思いますが、覚悟を決めてから行くと以外に大したことないなと思うはずです。


それに慣れれば、次は少し大きなことにステップアップすればいいのです。やるとわかりますが、何やら手応えを感じると思います。

そうなれば、しめたものです。


あなたは子供の頃に、お口の中に口内炎を作った経験がありませんか?

a1640_000315
すっごく痛いので さぞ大きな口内炎だろうと思い鏡で確認します。でも、見てみると針の先で突いたような本当に小さな口内炎でした。



これと同じで、ストレスを感じている多くのことは、飛び込んでみると実際は大したことはないのです。

恐らく、今までの経験であなたにも心当たりはあると思います。なので、勇気を振り絞って試して下さい。

この日から、あなたのストレス耐性は変わります。

本日は以上です。


強くする方法はまだまだあるので、次回の続編をお楽しみ下さい。
では、ありがとうございました!!

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す