ストレス耐性を高める効果的な方法とは?コツは?

Pocket


ストレス耐性が弱い女性ストレス耐性は鍛えるものではありません。

鍛えれば強くなるどころか、ますます弱くなるという悪循環に陥ります。


当ブログでは、ストレス耐性に強い人が持っている考え方・対応方法・体調管理を理解し、出来るものから自分に取り入れて頂きたいと考えています。

つまり、鍛えなくても考え方とか、方法を変えるだけで自然とストレス耐性がついてしまうのです。

では、早速ご紹介します!!

スポンサーリンク




ストレス耐性を高める方法

表現としては、強くなるというより、ストレス耐性を高めるといった方が正しく感じます。

ストレスは、

  • 自分の嫌な状況に陥った時
  • 自分の嫌な結果になってしまった時
  • 自分の能力が発揮されない時
  • あまりの忙しさに気が狂いそうな時

などに起きますが、原因としてダントツに多いのは人間関係です。現代はまさに、人間関係によるストレス真っ只中です。

では、そんな社会に対抗すべくストレス耐性を高めるには、実際にどんな方法があるのでしょうか?

大きく分けると、次の3つがあります。

  1. 栄養管理
  2. 考え方
  3. 行動


一つずつ説明していきますね。

栄養管理からストレス耐性を高める

実は、脳内物質であるセロトニンが分泌されると、ストレス解消に効果があると言われています。

セロトニンとは、タンパク質の一種であるトリプトファンを原料に生成される物質で、不安感をなくし、心を落ち着かせる働きがあります。

このセロトニンが増えると、ゆっくり落ち着いて寝れるようになるので、その結果ストレスが減少していくのです。

これが、セロトニンがストレス耐性に効果があると言われる所以です。



では、どのようにすればセロトニンを増やせるのか?それは原料であるトリプトファンを摂取するようにすればいいのです。

トリプトファンは以下の食材に特に多く含まれています。

    トリプトファンが多いバナナ

  • バナナ
  • 大豆製品
  • 乳製品
  • ナッツ・ごま



そしてトリプトファン同様、セロトニンの合成に欠かせないのがビタミンB6です。

ビタミンB6は以下の食材に多く含まれています。

    ビタミンB6が多いマグロ

  • 牛レバー
  • ビーフジャーキー
  • 鶏挽き肉
  • まぐろ
  • かつお


このトリプトファンとビタミンB6の両方で献立を考えるといいです。

ちなみに、バナナのような果物は、一つの食材で両方の栄養素を含んでいるので一挙両得ですね!


あと、栄養素とは違いますが、以下の3つことを行うと体内でセロトニンの量が増えていきます。

  • 体を動かす
  • 太陽を浴びる
  • 触れ合う


これは、ストレスの専門家である有田秀穂先生が提唱している方法です。

要は、朝起きて太陽の光を浴びて、軽いリズム運動をし、仲間と楽しく会話をして笑うという行為をすればいいのです。

やってる人は、普段から自然にしていることなので、もしあなたがやっていなければ、取り入れると簡単に効果があがります。

考え方からストレス耐性を高める

同じ出来事が起こっても、それをストレスと受け止める人もいれば全くストレスを感じていないような人もいます。これは、捉え方の違いによるところが大きいと言えます。

 例えば、他人の失敗を許せない方がいます。こういう方は自分の失敗も許せないので、普段から大きなストレスを抱えることになります。

でも、何事でもそうですが、100%の人なんてこの世に存在しません。

ですから、この場合は失敗を責めてはいけないんです。それよりは、チャレンジしたことを褒めてあげるのです。

プラスの視点で捉える習慣をつけると、ストレスを感じる度合いが減りますよ~。



人を責めると、自分にも大きなストレスとなって跳ね返ってきます。また、現代社会の中でストレスを感じる大きな要素として「人のせいにする」ということも挙げられます。

例えば・・・「部長のせいで、こんな目に合った」とか、「この会社はいったい何なんや~!」と言った感じです。

 しかし、本当のところはその会社を選んだのは自分だし、自分が選択した結果、今その部長と仕事をしているのです。つまり、すべては自己責任だということです。

この自己責任を理解しておくと、ストレスを感じにくくなります。

究極のところで言うと、世の中はすべて平等になっているということですね!


なので、不平不満を言うのはやめましょう~!ストレスが増幅されます。でも、「言いたいことくらい言わせてよ~」といった声も聞こえてきます。

これを解消するにはストレス解消法もたくさん知っておくことです。


スポンサーリンク



行動からストレス耐性を高める

a0001_015226以下をご覧下さい。

  1. 入浴
  2. 睡眠
  3. カラオケ
  4. 食べる
  5. スポーツ
  6. 旅行

これはストレス解消法の人気ランキングです。

ストレスに関する最初の記事でストレス耐性に強い人はストレス解消法をたくさん知っていると伝えました。

そして、それを生活の一部に取り入れて普段から実行しているのです。



なので、あなたが普段から出来る、または生活に取り入れることの出来る解消法をたくさん見つけることが重要です。ストレスは気をつけていても知らない間に溜まっていたりします!

そんなことはないと思っていても、定期的に解消法を実行するようにしましょう!!特に私が個人的にオススメしたいのは⑤のスポーツです。


上記の有田秀穂先生の①体を動かすにも共通してきますが、
継続するコツは、自分が心から楽しいと思えるスポーツを見つけることです。これがあれば最強だと思います。

a0002_001600

例えば、マラソン選手がよく体験することとして「ランナーズ・ハイ」というのがあります。これは脳からβエンドルフィンという物質が出ている状態です。

βエンドルフィンは脳が感じる超快感物質ですが、同時に痛みを和らげる働きもあります。要はモルヒネなどと同じ作用があるのです。私も過去に経験があるのですが、とにかく痛みより快感を強く感じてしまうので、ストレスに対してめっぽう強くなります。少々のことではへこたれません。

まぁ、ここまでとは言わないですが、スポーツを行うことは非常に効果があります。


そして、上の栄養管理にも通じることですが、とにかくよく寝ることです。入浴についても、意識して癒しの空間を作ってみましょう。女性の方は、アロマを使うと良いかもです。


カラオケも仲のいい友人と行って弾けましょう!!カラオケボックスなので、どれだけでかい声を張り上げても、どれだけ踊りまくっても、誰も見ていないのでお構いなしです。

これで、かなりのストレスが改善され、あなたのストレス耐性は確実に上がっていくでしょう。

改善のポイントは小さく試すことです。そして、反応ではなくて、対応するです。


では、ストレス耐性についてはこれで終了です。
ありがとうございました!!

       Sponsored Link




style="display:inline-block;width:600px;height:300px"
data-ad-client="ca-pub-1846131975057947"
data-ad-slot="1685740217">

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す