四角いスイカ 作り方は?切り口はどうなってるの?


014夏の果物というと、代表的なのがスイカです。

そのスイカに四角い形があったなんて!!OH MY GOD~!!

普通は丸くて、シマシマ模様があって、大きくて、重たくて・・なんですが、形が四角いうえにサイズもかわい目なのです♫

カットした場合、中身は一体どうなっているのでしょうか?

今回はそんな四角いスイカに迫ってみました!!

スポンサーリンク





 四角いスイカって何?

四角いスイカは名前通り、四角い形をしたスイカです。

以下は海外(おそらくロシア)のニュースですが、
とりあえず一足先にご覧下さい。

開発したのは香川の農協ですが、
そのほとんどは百貨店などへディスプレイ用として
出荷されているようです。

ブランドとして有名なのは、
「香川県 善通寺産」です。

※現在品切れ中です。
一玉、14,000円もします。

なぜ、そんなに高いのかと言えば、
作ったもののうち出荷できるのが2~3割程度
だからと言われています。

要は希少価値があるわけですね!!

でも、この四角いスイカってどうやって作っているのでしょうか?



 四角いスイカの作り方とは?

四角いスイカは透明な立方体のアクリル板に入れて作っています。
立方体と言うことは、形は四角ですね。


実は、スイカがまだ小さな時に
この立方体のアクリル板に入れてしまいます。
するとスイカが成長した時、自然に四角の形になります。

なので、個人で栽培する場合は、
熱帯魚の水槽を加工してくれるメーカーに
以来するといいと思います。


ただ、注意点があって
スイカが成長しようとする力に負けない
厚みと強度が必要で、
大きさも最終形を計算して
作ってもらう必要があります。

また、透明でないと日光がちゃんと当たらないので、
ケースは透明であることが条件になります。

スイカに日光が当たることで、
キレイな模様が浮き上がってきます。

上の動画では、こんな感じで作っているようです。
013



 四角いスイカの大きさは?

ここで、どのくらいの大きさがいいのか
疑問が出てくると思います。

基本的にはスイカより小さくないと
形は四角にはなりません。

以下のPDFサイトにデータが載っているのですが、
食べられる四角いスイカの栽培方法
形を良くするには一辺が17.5cmがベストのようです。


ただし、問題もあって、
中身の果実には黄色い部分がかなり残っていますし、
有機酸含量も多く、糖度が低いことから
食用には向いていないそうです。

動画でもカットした中身はまだ黄色いですね!

012

実際に多くの四角いスイカは
「このスイカは観賞用です。食べることはできません」
と表示されています。

しかし、上のPDFデータでは、
サイズを20cmに上げれることで黄色い部分の解消も早くなり、
果実糖度、有機酸含量も通常のスイカと
同レベルになるのだそうです。


スポンサーリンク




 四角いスイカの味は?

私は食べたことは無いのですが、
食べたことのある人の話によると
通常のスイカと同じ味なのだそうです。

種が同じなので、
当たり前と言えば当たり前ですね!

黄色のスイカの場合は品種が違うので
味も違ってきます。

とは言っても、水分が少し多めとか、
甘みが少し少ないとか、その程度で、
目隠しをすれば赤いスイカとそんなに区別はつきません。


最後の余談ですが、
イタリアで、日本の四角いスイカが
かなり珍しいものとしてTVで紹介されたみたいです。

外国の人達から見ると
日本人の発想はクレイジーらしいです。

アメリカ人も、この四角いスイカを
とても喜んでいるようでした!!

でも、中には
「奇抜さより、味にこだわった方がいいんじゃない?」
と言った意見もあったようですね ♫

あなたは、この四角いスイカをみてどう思いましたか?

       Sponsored Link

よく一緒に読まれている記事です

コメントを残す