「役立つ情報がいっぱい!」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

【西郷隆盛の名言】”児孫のために美田を買わず” の意味とは?

西郷隆盛の名言 日本人の名言

”児孫のために美田を買わず”



これは明治維新三傑の一人、西郷隆盛の名言です。西郷隆盛は、その卓越したリーダーシップにより、さまざまな功績を打ち出した人です。

この記事では、そんな西郷隆盛の生き様と功績、 この名言に込められた本当の意味を解説していきます。


スポンサーリンク

西郷隆盛の名言

西郷隆盛の銅像1

西郷隆盛は維新三傑の中でも、特に人気が高いです。人間的にも魅力に溢れ、多くの人から慕われました。
 
その西郷隆盛の名言がこちらです。

児孫のために美田を買わず



まずは、西郷隆盛の人間性に触れてみましょう。

いやいや、私はすぐにでも意味を知りたいという方はこちらに進んで下さい。
西郷隆盛の名言の意味

西郷隆盛とはどんな人

幕末・明治の政治家です。

1828年薩摩藩の西郷吉兵衛隆盛の長男として生まれ、1877年49歳で死去しました。


けっきょく何をした人

薩長同盟を結び、大政奉還を果たした


西郷隆盛の功績

  • 薩長同盟の決断
  • 江戸城の無血開城の合意
  • 廃藩置県を自分の一言で断行



勝海舟のすすめで、犬猿の仲だった長州藩と同盟を結ぶことを決意します。昨日までの敵を許すわけですから、これはかなりの決断です。

そして、坂本龍馬が仲介に入ることで薩長同盟が成立。これにより時代は討幕へと向かいました。



その後、戊辰戦争で勝利し、あとは江戸へ攻め込むだけでしたが、勝海舟との会談で戦闘無しでの江戸城の開城に合意します。

そのおかげで、江戸が火の海になることがなかったと言われています。



また、日本を中央集権国家へと導くために廃藩置県を導入します。今までの幕藩体制では欧米列強に立ち向かえないと考えたらです。

幕藩体制は藩主体で統治が行われていました。しかし廃藩置県で中央政府の力が強化されます。当然、反発が予想されました。
 
ですが、西郷隆盛のこの一言で行われることが決定。

「貴公たちにおいて、実施の手順さえついておれば、その上のことは私が引き受ける。もし暴動でも起これば、兵力をもって鎮圧する成算があるので、心配せずに実施しなさい」

 
では次の章で、西郷隆盛がどんな人生を送ってきたのかを見ていきましょう。

西郷隆盛とはどんな人物

西郷隆盛の子供時代、薩摩では郷中教育が行われていました。郷中教育とは地域ごとに自発的に実践された教育法で、先輩が後輩に教えることで自らが教師になります

この郷中教育が、薩摩藩に多くの偉人を生んだと言われています。西郷の他にも、大久保利通・東郷平八郎・大山巌・山本権兵衛などがいますからね。



西郷自身も、郷中教育のおかげでリーダーとしての人格形成を磨くことができました。

島津斉彬が薩摩藩主になると、西郷隆盛は斉彬に認められることになります。この時点で、すでに頭角を表していたんですね。



1853年には黒船が来航。海に面していた薩摩も、外国に脅威を感じることになります。そこで島津斉彬は、西郷隆盛に御庭方役をいう役職を与えました。

御庭方役とは、藩主の命を受け他藩と交流し情報収集を行う仕事です(普段は屋敷の庭を掃除するなどで待機)。

この役職のおかげで、西郷は江戸の思想家および学者と接することができました。知見がより広がったわけです。



そんな順風満帆な人生だった西郷隆盛ですが、ここから大きな不幸が襲ってきます。しかも2回連続で。

1つ目は、1858年藩主島津斉彬が急死したこと。これに悲しんだ西郷は自分も殉死したかったが、僧侶月照に諭され思いとどまったとされます。よほど辛かったんでしょう。


しかし、安政の大獄で今度は月照が幕府に追われる身になると、薩摩藩は西郷に月照を切り捨てるように命令を下しました。

藩を裏切れない西郷は思いつめ、月照とともに入水自殺を試みますが、悲しいかな西郷だけが助かってしまうという運命に…。

薩摩藩は西郷を幕府の目から隠すために、奄美大島に潜伏させました。



そして2つ目。薩摩では、島津久光が実権を握りました。その久光が、江戸で国政へ乗り出すために、西郷を呼び戻すよう大久保利通が働きかけました。

ここまでは良かったんですが、島津久光と西郷は折が合わず逆に怒りを買ってしまうんですね~ヾ(;´▽`A“

1862年、今度は罰として沖永良部島に遠島されることになります。牢屋で雨風にさらされた厳しい環境で、西郷は体調を崩し一気に弱っていきました。


しかし、ここから状況が一変します。翌年、大久保利通・小松帯刀らのすすめで赦免召喚となると、帰ってきた西郷は軍事司令官・外交官に任命されました。

当時の薩摩藩は、尊王攘夷の長州藩と京都で争っていました。長州藩は薩摩藩に強い恨みをもっていましたが、それを西郷隆盛の力で撃退したわけです。これを、禁門の変と言います。
 
さらにその3ヶ月後に、今度は大阪で勝海舟と会うことになりました。役者が揃ってきたって感じですよね!

この時に勝海舟は、長州藩への強硬策ではなく緩和策を西郷隆盛に提案します。外国勢が迫ってる中、内戦は無意味であると説いたわけです。さすがの西郷も、これには感服したようですね。

自身も下関に乗り込み長州藩と会談。1866年、坂本龍馬の仲介で薩長同盟が成立することとなりました。



これに反発したのが、幕府側です。一時は大政奉還が行われますが、不満をいだいた分子により1868年には戊辰戦争に発展します。

戊辰戦争

ですが、薩長の討幕軍の勢いに幕府軍は為す術なく、江戸城の無血開城へとなったわけです。無血開城に関しては、こちらの勝海舟の記事も合わせてお読み下さい。

【勝海舟の名言】”世の中に、無神経ほど強いものはない” の意味とは?
勝海舟の名言を解説します。世の中に、無神経ほど強いものはないの本当の意味をご存知ですか?この記事では、そんな勝海舟の人物像と功績、この名言に込められた意味を解説していきます。

 
その後、西郷隆盛は新政府で参謀として、廃藩置県等を実施します。

他にも

  • 地租改正
  • 各県への裁判所の設置
  • 陸・海軍省の設置
  • 人身売買禁止令の発布
  • 信仰の自由(キリスト教の解禁)
  • 新暦(太陽暦)の採用

を行っています。



しかし、征韓論をめぐり新政府と対立した西郷は、辞職することになりました。政府高官の腐食も原因の一つのようです、

鹿児島に帰ると軍事色の強い私学校を設立します。

西郷の建てた私学校の門

私学校の門

この私学校には、そんな新政府に不満を抱く士族が集結。次第に鹿児島県内で影響力を強めていくこととなりました。

その状況に、新政府が危機感を抱かないわけがありませんです。

あの西郷隆盛が設立した学校なので、もし戦うことになればやばいと感じたのでしょう。薩摩藩の火薬庫から武器火薬を運び出そうとしましたが、見つかってしまいました。



この行為に怒った私学校の士族は、逆に政府の爆薬庫を襲撃してしまいました。また、大久保利通の使者が西郷の暗殺を自白したことで、一気に西南戦争へと展開していきます。

残念ながら、西郷はこの戦いで敗北し自決することになったわけですが…。


「家近良樹著」によると、西郷隆盛はとにかく論理的で、あまり融通が利くタイプではなかったようです。これは、実直で真面目だということです。


スポンサーリンク

西郷隆盛の名言の意味とは?

西郷隆盛の銅像2

児孫のために美田を買わず



この名言は、明治政府樹立後、大久保利通に贈った偶成と呼ばれる七言節句の一節とされています。偶成とは偶然できた詩のことですね。

一般的には、子孫のために財産を残すと努力しなくなるので、私は残さないという意味です。



しかし、七言節句全体をみると、その解釈ではないことがわかります。

<原文>
幾歷辛酸志始堅
丈夫玉碎恥甎全
我家遺事人知否
不爲兒孫買美田

<書き下し文>
幾たびか辛酸をて 志は始めて堅し
丈夫は玉と砕くるとも甎の全きを恥づ
我家の遺事 人 知るや否や
児孫の為に美田を買わず



本当は、当時の政府高官を皮肉ったものだったんですね!意味はこんな感じです。

人の志や信念は、何度も辛いこと苦しいことあって初めて固まる。男児たるものは玉砕するような最後を迎えるべきで、志を曲げたつまらない人生を送ることを恥とする。我が家にある教訓を知っているであろうか?それは資産となるような田畑は子孫に残さないというものだ。


つまり、私利私欲に走らず、自分の志をまっとうせよということです。

西郷隆盛は、物欲の強い卑しい人間を嫌ったと言いますから、その気持が素直に現れた言葉ですね!


この名言を自分に役立てるには?

自分のビジネス

私利私欲に走ったがために、自分の本来の目的を忘れてしまうことがあります。



たとえば、商売をしてて、本来の目的を忘れてお金を稼ぐことばかりに気持ちがいってしまうと、きっとつまらない結果しかでないと思います。

目的は人によって違うと思いますが、仮にこの3つだと想定します。

  • お客様に貢献して喜んでもらいたい
  • 自分自身も楽しむ
  • その上でお金を稼いで豊かな人生を送りたい



しかし、もし目的を忘れて私利私欲に走ると、お客様のことなんて適当に考えるようになるので、自分自身も楽しむことが出来なくなるんじゃないでしょうか。

万が一お金が稼げたとしても、どこか虚しい人生が待ってる気がするんですよね~ヾ(;´▽`A“

っていうか、そうなんだと思います。


豊かな人生にするためには、同時にプロセスも楽しんでいく必要があります。すると、お金が稼げた時に楽しいという感覚しか残りません!充実感があります。

そんな人生を送るのがいいと思います。


スポンサーリンク

おわりに

以上が私の解釈です。もし、この記事に対する意見、新しい事実&解釈等ありましたら、下のコメント欄からどしどし書き込んで下さいね( ´ ▽ ` )ノ

一緒に、このブログを面白いものにしていきましょう~♪

共感した、面白かった、役に立ったと思われる方は、ポチッと押して頂けると泣いて喜びますm(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

この記事を書いた人
Mr.名言

管理人のMr.名言です。このブログは読者であるあなた様と一緒になって作っていくことを目指しています。

もし、他に面白い意見、感想、こんなこと知ってるよ等があれば、コメント欄から書き込んで頂ければ、当ブログにアップさせて頂きますのでご遠慮無くご投稿下さ~い♪誰でも投稿可能です(´▽`v)

役立つ情報がいっぱいをフォローしよう!
日本人の名言
Twitter・Facebookでシェアしよう!
役立つ情報がいっぱいをフォローしよう!
役立つ情報がいっぱい!

コメント大募集!( ´ ▽ ` )ノ

タイトルとURLをコピーしました