「役立つ情報がいっぱい!」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

真田幸村の名言!”いざとなれば損得を度外視できるその性根…” の意味とは?

真田幸村の名言日本人の名言

”いざとなれば損得を度外視できるその性根、世のなかに、それを持つ人間ほど怖い相手はない”


これは、敵方に日本一のサムライと言わしめた真田幸村の名言です。まさしく幸村の生き方そのものを表している言葉です。

この記事では、そんな真田幸村の人間像と功績、名言の意味を現代に照らし合わせて考えてみたいと思います。


スポンサーリンク

真田幸村の名言

大阪城

幸村の生き方は、後世の歴史ファンの心をも動かしています。今でも最後を遂げた安居神社には多くのファンが訪れています。



そんな真田幸村の名言がこちらです。

いざとなれば損得を度外視できるその性根、世のなかに、それを持つ人間ほど怖い相手はない。



まずは、真田幸村の人間性に触れてみましょう。

いやいや、私はすぐにでも意味を知りたいという方はこちらに進んで下さい。⇨ 真田幸村の名言の意味



戦国武将の名言に関する総集編のような記事を書きました。ぜひ、こちらもご覧下さい。

⇩  ⇩  ⇩

戦国武将の名言集!信長から家康まで時代背景に合わせて解説してみた
戦国武将の名言集です。信長から家康まで時代背景に合わせて解説してみました。今までの戦国武将の総集編です。

真田幸村とはどんな人

戦国時代最後に活躍した武将です。大阪冬の陣・夏の陣でその名を轟かせました。

1567年に真田昌幸の次男として甲府で生まれる。1615年大阪夏の陣にて戦死。正式名は真田信繁。幸村という名は後の歴史書にそう書かれていたから。


けっきょくは何をした人

徳川家康をとことん苦しめた武将であり、周りから幸村こそ本物の侍であると言わしめた。


真田幸村の功績

  • 大阪冬の陣で、大阪城に真田丸を築き徳川軍を撃破
  • 大阪夏の陣で、家康に自決を覚悟させるまで追い込む



豊臣家を守るため、自分の命を捧げました。結局、冬の陣で徳川に負けてしまいますが、その戦い方は歴史に残るものでした。

現在でも映画化されたり書籍になったりと、人気は衰えることを知りません。


真田幸村とはどんな人物

安居神社の真田幸村銅像

実は、戦国武将の中で有名だったのは父の昌幸です。昌幸はゲリラ戦が得意で、少数の兵で大軍をあしらう名人でした。

第一次上田合戦で少数で徳川軍を破り、第二次上田合戦でも煮え湯を飲ませた話はあまりにも有名です。



対し幸村は、1585年19歳の時に越後の上杉へ人質として出されます。

真田が元々使えていたのは武田家でしたが、その武田が信長に滅ぼされたためです。上杉に保護を求める代わりに、息子の幸村を人質に出したわけです。

しかし翌年、今度は豊臣側へ人質として出され大阪へ行くこととなりました。これは、豊臣秀吉の天下統一が目の前に迫ったからです。

 

真田幸村の若い頃の大半は、人質としての人生でした。30歳まで人質だったので、特に功績らしいことは何も残していません。



その真田幸村が一躍その名を轟かせたのは、ご存知、大阪冬の陣・夏の陣です。

1614年48歳の時に、豊臣秀頼の呼びかけにより大阪城へと入城しました。この時に、大阪城の弱点となる平野口に真田丸を築き上げ、徳川軍をことごとく蹴散らしました。

真田丸とは?

真田丸とは出城のことで、徳川方の死者のうち8割は真田丸での攻防によるものとされています。
真田丸



しかし、大阪城の堀を埋めることを条件に徳川と講話交渉が行われ、その時に真田丸も破却されることになりました。これで、籠城しての戦いが出来なくなりました。


翌年徳川家康は、さらに15万もの軍隊を集めて大阪城を攻めました。これが大阪夏の陣です。対する豊臣軍はわずか5万。1/3の兵力です。

そんな中、幸村率いる真田軍が家康の本陣めがけて突撃していったのです。

その戦い方は凄まじいもので、家康を守る旗本を恐怖に陥れました。焦った家康も、その場から退散する始末です。一時、自害を覚悟するまで追いつめられたといいます。



この大坂夏の陣ですが、前半は圧倒的不利な豊臣が優勢でしたが、後半になるにつれ徳川が盛り返していきました。やはり圧倒的な兵力差は埋められなかったようです。
 
幸村は、四天王寺ちかくの安居神社で傷を癒やしているところを、松平忠直の軍に発見され討ち取られることとなりました。

しかしこの戦いで、真田幸村の名は全国の武将の間で知られることとなったのです。



薩摩藩主である島津忠恒が、国許へ贈った手紙には幸村のことがこんな風に書いてありました。

五月七日に、御所様の御陣へ、真田左衛門仕かかり候て、御陣衆追いちらし、討ち捕り申し候。御陣衆、三里ほどずつ逃げ候衆は、皆みな生き残られ候。三度目に真田も討死にて候。真田日本一の兵、古よりの物語にもこれなき由。徳川方、半分敗北。惣別これのみ申す事に候。



意味はこうです。

5月7日の合戦で、徳川家康の本陣へ真田幸村が攻めかかり、徳川軍を追い散らして討ち取った。

徳川軍は3里ずつ逃げて無事だったが、その後真田は3度目の攻撃にて討ち死にする。

真田こそ日本一の兵(サムライ)である。昔から言い伝えや物語にも、これほどの武勇はない。徳川軍は半分敗北したも同然。



また、徳川方について戦った兄である真田信之も、こんなふうに語っています。

幸村こそ国を支配する本当の侍であり、彼に比べれば、我らは見かけを必死に繕い肩を怒らした道具持ち。それほどの差がある。


スポンサーリンク

真田幸村の名言の意味とは?

真田幸村の銅像

いざとなれば損得を度外視できるその性根、世のなかに、それを持つ人間ほど怖い相手はない

意味はこうなります。

損得を無視してやり遂げる覚悟を持つ。それが出来る人間ほど、この世の中で怖い存在はない。



幸村が大阪城で豊臣方として戦ったときの気持ちが、そのまま表れていると言えるでしょう。

多くの武将は、その時その時で強い方(勝てる方)につきます。しかし、幸村はそうはしなかった。
 
冬の陣が終わったあとに、家康から勧誘もあったようです。徳川方に寝返ると、信濃10万石を与えると。それを断ると、今度は信濃一国(40万石)を与えると条件を上げてきました。

それでも、かたくなに幸村は断ったそうです。


この名言を自分に役立てるには?

握手

生きていく上でお金はとても重要なので、中々損得勘定に左右されないというのは難しいです。

でも、それでも損得に左右されない自分をつくるんです。すると、何が起きるか。



信頼という2文字が、あなたについてきます。



考えてみるとわかりますが、損得で行動する人は信用できなかったりします。だって、いつでも裏切る覚悟があるからです。

 
お金を例に上げると、損得に左右される人の方程式はこうなります。

お金 > 人間関係



人間関係よりお金のほうが優先順位が上なので、平気で人を裏切ることが出来るんですね。私も裏切られた経験は何度もあります。

ではどうすればいいのか?



その人の言動を確認して下さい。普段から言ってることと行動がズレていたら、それは危険信号です。言動が一致していたら、その人は信用できると思っていいでしょう。


スポンサーリンク

まとめ

今の世でも裏切り行為は横行してますから、戦国時代はもっと頻繁にあったことでしょう。

そんな中、損得に左右されない生き方というのは、ひじょうに貴重で尊敬できます。真田幸村は、まさしく信念の人であったと言えるでしょう。

 

共感した、面白かった、役に立ったと思われる方は、ポチッと押して頂けると泣いて喜びますm(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

この記事を書いた人
Mr.名言

管理人のMr.名言です。このブログは読者であるあなた様と一緒になって作っていくことを目指しています。

もし、他に面白い意見、感想、こんなこと知ってるよ等があれば、コメント欄から書き込んで頂ければ、当ブログにアップさせて頂きますのでご遠慮無くご投稿下さ~い♪誰でも投稿可能です(´▽`v)

役立つ情報がいっぱいをフォローしよう!
日本人の名言
Twitter・Facebookでシェアしよう!
役立つ情報がいっぱいをフォローしよう!
役立つ情報がいっぱい!

コメント大募集!( ´ ▽ ` )ノ

タイトルとURLをコピーしました