「役立つ情報がいっぱい!」をSNSで応援しよう!
スポンサーリンク

島津斉彬の名言!”君主は愛憎で人を判断してはならない” の意味とは?

島津斉彬の名言 日本人の名言

”君主は愛憎で人を判断してはならない”


これは、薩摩藩きっての名君と言われた島津斉彬の名言です。なぜ島津斉彬が名君と呼ばれたのか?それは斉彬の生き方を追っていくとわかります。

この記事では、そんな島津斉彬の人物像と功績、この名言に込められた意味を解説していきます。


スポンサーリンク

島津斉彬の名言

島津斉彬の銅像

島津斉彬と言うと、西郷隆盛・大久保利通を見出した人物として有名です。

そんな斉彬の残した名言がこちらです。

君主は愛憎で人を判断してはならない



まずは、島津斉彬の人間性に触れてみましょう。

いやいや、私はすぐにでも意味を知りたいという方はこちらに進んで下さい。⇨ 島津斉彬の名言の意味



幕末・明治維新の名言に関する総集編のような記事を書きました。ぜひこちらの記事も御覧下さい。

⇩  ⇩  ⇩

幕末・明治維新の名言集!志士&偉人たちはどんな思いを持っていたのか?
幕末・明治維新の名言集です。維新の流れに沿って偉人たちの生き様を解説しました。今までの幕末・明治維新の総集編です。

島津斉彬とはどんな人

江戸末期の薩摩藩の第11代藩主です。
1809年に第10代藩主島津斉興の長男として生まれ、1858年50歳にて謎の突然死をしています。

けっきょく何をした人

集成館事業の成功により薩摩藩を豊かにした


島津斉彬の功績

仙巌園

島津家別邸「仙巌園]

  • 集成館事業
  • 薩摩藩の富国強兵
  • 明治維新につながる幅広い人材の登用



集成館事業とは、島津斉彬によって始められた日本初の近代洋式工場群の形態をいいます。特に製鉄・造船・紡績に力を入れ、軍事力の増大や殖産興業の発展を図りました。

この集成館事業により藩の財政が一気によくなり、それを軍事力にまわすことで富国強兵に成功しました。



また、斉彬は身分の上下にかかわらず、能力があるとみなした者は積極的に登用していきました。その中のひとりが、西郷隆盛大久保利通です。

彼らは、斉彬亡き後に明治維新へと突き進んでいきました。


島津斉彬とはどんな人物?

島津斉彬の画

島津斉彬が藩主であったのは、50年の人生のうち、わずか7年ほどです。43歳のときに薩摩藩主になりました。これは他の藩主と比べると明らかに遅いです。一体なぜでしょうか?



実は、父である斉興なりおきがなかなか実権を譲らなかったためと言われています。

斉彬は幼少時代から、第8代藩主である曽祖父重豪しげひでに可愛がられて育ちました。重豪は西洋文化に大きな関心を示し、蘭癖大名と呼ばれた人物でした。しかも、贅沢好きだったので、どんどん藩の財政を圧迫していったんです。これをよくないと思う藩士も多かったようです。

 
そんな重豪ですが、曾孫である斉彬の才能を高く評価していました。斉彬が18歳のときにドイツ人医師シーボルトに会わせ、一緒に西洋状況を聞くということをさせたです。



一方、斉興が第10代藩主になると、重豪に代わって藩の財政改革を行いました。要は尻拭いですね!斉興は、重豪の影響が強い斉彬に藩主を譲ると、重豪と同じように藩の財政を圧迫させかねないと考えたわけです。

最終的には、側室お由羅の子である久光を藩主にしたいと考えるようになりました。



島津久光

島津久光

しかし、斉彬を擁護する藩士一派がこれに反発。お由羅と久光の暗殺計画を立てます。ですが、計画が斉興にバレて首謀者13名は切腹、他50名も処分を受けています。
 

このお家騒動は、幕府老中の阿部正弘の耳にも入りました。この阿部正弘も斉彬の才能を評価する一人で、薩摩藩のお家騒動に介入していくこととなります。

その結果、斉興は引退し、斉彬は43歳にして、ようやく藩主になれたというわけです。この一連の騒動を、お由羅騒動といいます。


藩主になった斉彬は、斬新な改革を行います。まず、予てから温めていたアイデアである集成館事業を行いました。これにより薩摩藩の財政は盤石になっています。

同時に身分の高低にかかわらず、才あるものは積極的に登用していきました。その中に、後に明治維新で活躍する西郷隆盛と大久保利通がいたんですね。



そして、斉彬の素晴らしいところは、自分を藩主にさせまいとした身内に対しても寛大だったことです。もし、これが戦国時代なら、たとえ親兄弟といえども切腹モノです。あなたが斉彬の立場ならどうしますか?



しかし斉彬は、お由羅こそ嫌っていましたが、久光とは騒動後も仲が良かったようです。また、父斉興を相談役としてそばに置き、その重臣もそのまま起用し、確執をなくすよう努めたと言います。

その後斉彬は、養女の篤姫あつひめを徳川13代将軍家定に嫁がせ、幕政にも介入していくこととなります。斉彬が幕府に提唱したのは公武合体です。

公武合体とは、幕府と朝廷が一緒になって欧米に立ち向かうことを言います。ペリーの黒船が来航し、欧米の脅威が迫りく中で、そのような考えになっていったようです。

これが、斉彬が幕末の四賢侯と言われるようになった所以です。



しかし、阿部正弘が亡くなり井伊直弼が大老になると、状況が一変します。井伊直弼と斉彬は家定の後継者問題で対立。

しかも、井伊直弼は大老という立場を使い、強引に徳川慶福を14大将軍に仕立て上げてしまいました。これに斉彬は激怒します。兵を率いて江戸に攻めようとしましたが、残念ながらここで病死してしまいます。一般的にはコレラに感染したと言われています。

斉彬亡き後、それを悲しんだ西郷隆盛が殉死しようした話は有名です。

また、斉彬の遺言で、久光の長男である忠義が12代薩摩藩主になっています


スポンサーリンク

島津斉彬の名言の意味とは?

島津斉彬の銅像2

君主は愛憎で人を判断してはならない

意味はそのままです。これは、斉彬の生き方を見るとよくわかりますよね?斉彬が名君と言われた理由はここにあります。



お由羅も騒動後に罰を受けることなく、孫の忠義が藩主になるのを見届けてから死去したと言われています。

さらに斉彬は、こんな名言も残しています。
人身の和は政治の要諦である

人が仲良く協力し合うことが政治では大事であるという意味です。あなたの主張がいかに正論であったとしても、周りの人がそれに共感し協力してくれない限りは組織として機能しないということですね。

つまりは、”君主は愛憎で人を判断してはならない”と繋がっています。

この名言を自分に役立てるには?

チームプレイ

好き嫌いで人と付き合っていると、トラブルのもとになります。恨みは恨みを買うからです。これは織田信長を見ていると、よくわかりますよね^^


そこで、我々も島津斉彬と同じ戦法をとるようにするといいです。過去に確執があったとしても、仲間や部下を許す。すると、人間関係が円滑になりやすくなります。



人に好かれるには、まずは自分から人を好きになることが大前提ですよ~♪

もちろん、相性が悪くどうしても相容れない場合だってあります。そんな時は無理をせず、距離を置くようにすればいいと思います。
 
あなたはどう思いましたか?
他にもいいアイデアがあれば、あなたの意見をい聞かせ下さーいヽ(・∀・)ノ

もちろん、ただの感想でも構いません。


スポンサーリンク

おわりに

島津斉彬は、本当に懐が深い人物ですね!そんな人だから、西郷隆盛もその死を悲しんだのでしょう。ここから人望も、かなりあったことがわかります。

 

共感した、面白かった、役に立ったと思われる方は、ポチッと押して頂けると泣いて喜びますm(_ _)m


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村

この記事を書いた人
Mr.名言

管理人のMr.名言です。このブログは読者であるあなた様と一緒になって作っていくことを目指しています。

もし、他に面白い意見、感想、こんなこと知ってるよ等があれば、コメント欄から書き込んで頂ければ、当ブログにアップさせて頂きますのでご遠慮無くご投稿下さ~い♪誰でも投稿可能です(´▽`v)

役立つ情報がいっぱいをフォローしよう!
日本人の名言
Twitter・Facebookでシェアしよう!
役立つ情報がいっぱいをフォローしよう!
役立つ情報がいっぱい!

コメント大募集!( ´ ▽ ` )ノ

タイトルとURLをコピーしました